ブックオフオンラインコラム

ブックオフオンライントップへ

ブックオフオンラインコラム > 本に出会う > ミステリー小説 > 『イニシエーション・ラブ』の魅力を解説!「必ず2度読みたくなる」小説とは?

『イニシエーション・ラブ』の魅力を解説!「必ず2度読みたくなる」小説とは?


更新日:2019/1/16

『イニシエーション・ラブ』の魅力を解説!

「映像化不可能」「必ず2度読みたくなる」といわれる恋愛ミステリー小説『イニシエーション・ラブ』をご存知ですか?

たくさんの著名人に絶賛され話題となった本書は、2015年に松田翔太さんと前田敦子さん主演で映画が公開され、さらに注目を集めました。

180万部を突破したベストセラー小説には、一体どんな魅力があるのでしょうか?

ここでは、あなたもきっと騙される!? 恋愛ミステリー小説『イニシエーション・ラブ』に迫ります!

 

「イニシエーション・ラブ」とは

『イニシエーション・ラブ』表紙

イニシエーション・ラブ
乾くるみ(著)、文藝春秋

舞台は、1980年代・バブル期の静岡。

女性経験のない真面目な大学生・鈴木は初めての合コンでマユと出会い恋に落ちる。順調に交際を続けていくも、あるとき鈴木が東京に転勤になったため2人は遠距離恋愛に。

はじめは東京と静岡を行き来していた2人だったが、しだいにすれ違いが……。そして東京本社で出会った美弥子に、鈴木の心が揺らぎ始め――。

 

著者はミステリー作家の乾くるみさん。名前から女性に間違われるかもしれませんが男性作家です!

ちなみに「イニシエーション・ラブ」とは、

イニシエーション……出生、成人、結婚、死などの通過儀礼
ラブ……愛、恋愛

これらを意味します。

 

著名人からも絶賛の声が!
『イニシエーション・ラブ』の魅力

「読み終わった後は必ずもう一度読み返したくなる」と称された『イニシエーション・ラブ』。
終盤までピュアで甘酸っぱいラブストーリーが展開されますが、最後の2行でミステリー作品へと変貌するのが魅力の小説です。
衝撃のラストには、誰もが思わず「えーっ!?」と叫んでしまうことでしょう。

 

著名人からの評価は高く、アンジャッシュ渡部さん、UVERworldのTAKUYA∞さん、ふかわりょうさんなどが本書を絶賛!

また、くりぃむしちゅー有田さんがバラエティー番組で「最高傑作のミステリー」とコメントしたことにより、さらなるヒットとなりました。

 

エンディングが異なる映画と原作

本書は小説ならではの仕掛けで構成されている叙述トリックゆえ、長年「映像化は不可能」と言われてきました。

そんな作品が実写映画化。原作者の乾さんですら驚いたのだそうです。どうやって映像でトリックを演出するのか? と、公開前から話題になりました。

 

映画のキャッチコピーは「最後の5分で全てが覆る!」。原作とはエンディングが異なります。

監督は「ケイゾク」や「TRICK」など多くのミステリー作品を手掛けた堤幸彦さん。原作のトリックをどう演出しているのか、まだ観ていない方は、原作とあわせて観てみてくださいね!

 

2度読みたくなるのは「本当だった」

単なるラブストーリーも良いですが、『イニシエーション・ラブ』は他とは違う面白さを味わうことができます。

衝撃の結末と、読み返して「なるほど!」と納得感を味わえる独創性&意外性を思いきり楽しんでくださいね。あなたは騙されずに読めるでしょうか?

【関連記事】トリックにうなる! 秀逸トリックミステリー

 

⇒『イニシエーション・ラブ』が好きな方にはこちらもおすすめ!

■綿密に練り込まれたSFサスペンス
リピート』乾くるみ(著)、文藝春秋

■必読!叙述トリックの代表。
葉桜の季節に君を想うということ』歌野晶午(著)、文藝春秋

■甘くて切なくて泣ける。
ぼくは明日、昨日のきみとデートする』七月隆文(著)、宝島社