ブックオフオンラインコラム
ブックオフオンライントップへ
ブックオフオンラインコラム > 本に出会う > 時代小説 > この作家が面白い!おすすめ歴史小説作家5選

この作家が面白い!おすすめ歴史小説作家5選


20170909-osusume-rekishishosetsu-sakka-i

歴史小説を読んだことはありますか?
歴史が苦手だった人の中には、難しそうなイメージを持っている人もいるかもしれません。
でもそんな人にこそ読んでみて欲しいのが歴史小説です。

読んでみたいけれど、どんな小説家がいいのか知りたいあなたに、歴史ってこんなに面白かったの?と思える人気の歴史小説家5人を厳選してご紹介します。

 

『バガボンド』の原作者
吉川 英治

20170909-osusume-rekishishosetsu-sakka-yoshikawaeiji

1892年神奈川県に生まれた吉川英治氏は大衆向けの歴史小説の人気作家です。

幼いころから物語を書いていたという吉川英治氏はさまざまな職につきながら1923年の関東大震災をきっかけに作家になることを決意します。

1926年から「大阪毎日新聞」に連載された、江戸時代の徳島を舞台にした『鳴門秘帖』で一躍人気作家となります。

生涯にわたって、短編を合わせて240作もの作品を書いた吉川英治氏。

代表作は『三国志』『宮本武蔵』『徳川家康』『新・平家物語』『私本太平記』といった超長編歴史物語で、NHK大河ドラマをはじめ吉川氏の数々の作品がドラマ化、映画化されています。

1935年から朝日新聞に連載された『宮本武蔵』は、新聞史上最高の人気小説になりました。あの剣豪として名高い宮本武蔵のイメージも、この吉川英治の『宮本武蔵』によるところが多く、今なお影響力を持つ作品です。

井上雄彦氏の人気マンガ「バガボンド」の原作者として現在でも親しまれています。マンガと読み比べてみるのも面白いですよ。

 

名もなき人の優しさを描く
山本周五郎

20170909-osusume-rekishishosetsu-sakka-yamamoto

1903年に山梨県に生まれた山本周五郎氏。
小さいころから物語を書くのが好きな少年で、質屋に住み込みで働きながら小説を書き始めました。

主な著作には『さぶ』『赤ひげ診療譚』『青べか物語』『樅の木は残った』『ながい坂』などがあります。

1943年に、武家社会で夫や子のために強く生き抜いた女性たちの美しい生きざまを描いた短編集、『日本婦道記』で直木賞に推薦されましたが、それを辞退した周五郎氏。その後も数々の文化賞を辞退し、名声を求めることを拒みました。

その生きざまは周五郎氏の著作にも表れています。氏の描く時代小説は英雄伝ではなく、江戸の町民など、名もなき庶民や、世間から虐げられてきた人たちです。

周五郎氏の作品は黒澤明氏の映画やドラマでも多く取り上げられています。

もともと人間の本性を良いものと信じ、優しい目線で人々の心を描いた周五郎氏。短編集も多いので、時代小説初心者には入りやすい作家ではないでしょうか。

 

歴史上の人物像に大きな影響力を及ぼした作家
司馬遼太郎

20170909-osusume-rekishishosetsu-sakka-shiba

歴史小説を読まない人でも知っている著名な歴史小説作家が司馬遼太郎氏です。

1923年大阪市生まれ。大学では蒙古語を学んだ司馬氏は、新聞記者として仕事をしながら執筆活動を行い、信長、秀吉の時代に生きた二人の忍者にスポットをあてた『梟の城』で直木賞を受賞しました。

特に戦国や幕末、明治にかけての時代の人物を多く取り上げています。

主な著作には『燃えよ剣』『竜馬がゆく』『国盗り物語』『坂の上の雲』『功名が辻』『空海の風景』『翔ぶが如く』などがあり、ベストセラー・ロングセラー作家として大河ドラマやテレビドラマ、映画の原作としても数多く取り上げられています。

司馬遼太郎氏の作品は、坂本龍馬や織田信長、徳川家康など日本人の持つ歴史上の人物像に、大きく影響を与えています。作品を書く前に資料を徹底的に調べ上げ、ドキュメンタリー風に史実を描写しながらもリアリティのあるフィクションも交えているので、司馬作品をすべて歴史的な事実だと捉えてしまわれがちなことに対しては、議論の的ともなっています。

それは何といっても、ベストセラー作家である司馬作品の影響力の大きさがあるからなのですね。

 

歴史上の女性を取り上げる
永井路子

20170909-osusume-rekishishosetsu-sakka-nagai-0

1925年東京に生まれた永井路子氏。

大学卒業後、小学館に勤務して編集者として活躍しながら司馬遼太郎氏が発起人となって発行していた同人誌『近代説話』で作品を発表し始めます。

1964年、鎌倉時代の草創期に運命に翻弄される4人の人物の人間味あふれる姿を描いた『炎環』で直木賞を受賞しました。これはNHK大河ドラマの『草燃える』の原作でもあります。

永井路子氏は徹底して史実を調べ上げ、歴史の誤った解釈をくつがえすような作品を残し、その内容は歴史学者にも影響を与えました。
鎌倉時代から江戸時代の作品を得意とし、特に『北条政子』『流星 お市の方』『山霧 毛利元就の妻』『銀の館』『美貌の女帝』など、歴史上の女性を数多く取り上げ、新しい視点から描写しました。

『女帝の歴史を裏返す』という本の中では推古天皇や、持統天皇など、古代から近世までの8人の女帝を取り上げています。

もともと女帝とは皇太子が生まれるまでの間の中継ぎとしての消極的な意味合いではなく、政治的な手腕を持ち合わせていたという永井氏の持論が史実に基づいて展開されています。
江戸時代の明正天皇、後桜町天皇が中継ぎとして即位したことが元で、女帝=中継ぎという印象が作られていったと永井氏は言います。

「女帝」について盛んに議論が行われている、まさに今の時代に読んでおきたい一冊といえますね。

 

イタリアを中心とした歴史を描く
塩野七生

20170909-osusume-rekishishosetsu-sakka-shiono

塩野七生氏は1937年東京生まれ。
詩人で小学校教師の父とイタリア人医師の母、という家庭で育ちます。
大学で哲学を学んだ後、イタリアへ移住し、1968年に帰国してから執筆活動を開始します。

『中央公論』に掲載された『ルネサンスの女たち』でデビューし、1970年には十五世紀末のイタリアを舞台とした小説『チェーザレ・ボルジア あるいは優雅なる冷酷』で毎日出版文化賞を受賞します。

再びイタリアへ移り、現在もローマに住む塩野氏の作品はイタリアを中心とした歴史がメインです。

日本では『海の都の物語』『わが友マキアヴェッリ フィレンツェ存亡』『ローマ人の物語Ⅰ ローマは一日にしてならず』『すべての道はローマに通ず ローマ人の物語Ⅹ』『ローマ人の物語』の作品で、数々の賞を受けるほか、日本にイタリア文化を広めたことが評価され、イタリア政府よりイタリア共和国功労賞を受賞しています。

塩野七生氏が15年をかけてローマの全歴史を書き上げたのが『ローマ人の物語』です。

知力では、ギリシャ人に劣り、体力ではケルト(ガリア)やゲルマンの人々に劣り、技術力では、エトルリア人に劣り、経済力では、カルタゴ人に劣るのが、自分たちローマ人であると、少ない史料が示すように、ローマ人自らが認めていた。それなのに、なぜローマ人だけが、あれほどの大を成すことができたのか。

と本書の中で筆者も書いている通り、なぜローマ人だけが長期にわたりあれほどの大文明を築き上げたのかということに興味がある人は、ぐいぐい引きつけられる物語です。

ローマが栄えた秘密の一つがその独自の優れた組織力にありました。このような内容から、会社経営に関心の高いビジネスマンにも愛読されています。

ビジネスのハウツー本よりも深いビジネス書としても、ローマ人の知恵を学ぶことができる一冊です。

 

人々の生きる姿が感動を呼ぶ歴史小説

20170909-osusume-rekishishosetsu-sakka-bottom

歴史小説というと難しいイメージがあるかもしれません。
でもどの作家でも共通して描こうとしているものは、それぞれの時代を精一杯生き抜いた人々の姿です。
興味のある作家の作品から気軽に読み始めて見てください。
一度読み始めると、時空を超えた歴史小説ならではの面白さにハマってしまいますよ。

 

今回ご紹介した作家の本を探す

吉川 英治
 ⇒宮本武蔵(文庫版)全巻セット 講談社
山本周五郎
 ⇒日本婦道記』 新潮社
司馬遼太郎
 
司馬遼太郎特集はこちら
永井路子
 ⇒『女帝の歴史を裏返す』 中央公論新社
塩野七生
 ⇒
ローマ人の物語(文庫版)全巻セット  新潮社

 

今人気の時代小説、歴史小説をランキング形式でご紹介!

ライター

サカモト
サカモト
中学生の頃に歴史にハマった歴史好き30代。毎日のように本屋に行っては面白そうな本をあさってます。歴史関係のほか、漫画も好きです。