ブックオフオンラインコラム

ブックオフオンライントップへ

ブックオフオンラインコラム > 本に出会う > 絵本・児童書 > かこさとし おすすめ絵本|長く愛され続ける名作絵本

かこさとし おすすめ絵本|長く愛され続ける名作絵本


更新日:2019/10/7

かこさとし おすすめ絵本

絵本作家でもあり、児童文学研究家でもあったかこさとしさん。代表作の「だるまちゃん」シリーズはロングセラーとなっており、二世代、三世代と、世代を超えて支持されています。

かこさんが描いた絵本を含む書籍は、なんと全部で600点以上! 全てに目を通すことはできていませんが、私自身、子供の頃からかこ作品に囲まれて育ちました。
当時から大好きで、思い入れが強く、今では自分の子供に読み聞かせています。

今回のコラムでは、かこさんの代表作から、少しマイナーな作品まで、おすすめの作品をご紹介します。

 

『だるまちゃんとてんぐちゃん』

『だるまちゃんとてんぐちゃん』表紙

だるまちゃんとてんぐちゃん
福音館書店

ちいさい だるまちゃんと
ちいさい てんぐちゃんが
あそんで いました。
「それ なあに?」
「これ てんぐの うちわだよ」
「ふーん いいものだね」(p.3)

 

「だるまちゃん」シリーズ。かこさんの代表作の一つです。

だるまちゃんは、てんぐちゃんとあそんでいました。てんぐちゃんを見ていると、てんぐちゃんの持っているものが、良く見えます。同じものが欲しくなって、だるまちゃんはてんぐちゃんの真似をします。
でも、やっぱりてんぐちゃんの持っているものが良い……。この繰り返しで物語は進みます。

ああ、この気持ち、よく分かるなぁ、と思いながらいつも読んでいます。子供の頃、誰かが持っているものは素敵に見えるし、食べているものは美味しそうに見えました。

そして、今、自分の子供も同じみたいです。誰かの持っているものを欲しがります。まるでだるまちゃんみたいに。

また、だるまちゃんとてんぐちゃんが楽しそうに遊ぶシーンが、本当に可愛い! 癒やされます。

「だるまちゃん」シリーズセットはこちら

 

『からすのおかしやさん』

『からすのおかしやさん』表紙

からすのおかしやさん
偕成社

いずみがもりに「からすのパンやさん」がありました。
ちいさかった4わの子どもたちは、おおきくなって
りっぱなわかものと、きれいなむすめになりました。
ある日、とうさんたちが出かけて、4わはパンやさんを
まかされます。大はりきりのチョコくんのおはなし。(表紙裏)

 

「からすのパンやさん」シリーズの2冊目。
前作『からすのパンやさん』に登場した4羽の子供たちが大きくなってからの物語が描かれています。

前作同様、たくさんの美味しそうなお菓子が出てくるため、絵を見ているだけで幸せな気持ちになります。「どれが好き?」と指さししながら親子で眺めても楽しいかもしれませんね。

『からすのパンやさん』に登場する子からすが新しいことにチャレンジする姿は、我が家の子供にも刺激になったようで、お菓子を作りたいというリクエストを受けました(笑)

なお、終盤にはまさかの展開が待っています。私は「えっ!?」となり、何度も読み返してしまいました。

「からすのパンやさん」シリーズセットはこちら

 

『どろぼうがっこうぜんいんだつごく』

『どろぼうがっこうぜんいんだつごく』表紙

どろぼうがっこうぜんいんだつごく
偕成社

世にもおかしなどろぼうがっこう。
ろうやに入れられてしまった、くまさか校長先生と
生徒たちは、「だつごく」の計画をたてます。
じゅんびばんたん、明日はいよいよ「だつごく」の日!
ところがどうしたことか、いつもとようすが違います。(表紙裏)

 

「どろぼうがっこう」シリーズの2冊目。

かこさん曰く、前作では全員がろうやに入ったので、法に触れずに出るためにはどうすればいいだろう? と考え抜いたのだそう。

国内外の脱獄の記録を調べ、あんまり見事な脱出法を書いて、もし手本になったりしたらと悩み、迷い、描き直し、なんとその期間、40年!
そして完成したのがこの「どろぼうがっこうぜんいんだつごく」です。

構想40年とのことで、意外や意外、こんな脱獄方法があったのだと驚きました。
そして最後のオチ。もうびっくりです! 親子揃ってドキッとさせられました。

「どろぼうがっこう」シリーズはこちら

 

『にんじんばたけのパピプペポ』

『にんじんばたけのパピプペポ』表紙

にんじんばたけのパピプペポ
偕成社

そのむかし、荒れ放題の土地を20匹の子ぶたと、その親たちが、苦心してとうとうすばらしい畑にしました。
その畑に種をまいて水をやり肥料をまいてできたのは、とてもふしぎな、すばらしいにんじんでした。
さあ、20匹の子ぶたは、そのにんじんを、どうしたでしょうか?(表紙裏)

 

「パピプペポ」シリーズ。

本書は、かこさんが、にんじんぎらいの子のために作ったのがもとになっているのだそう。私が思うに、親が子供に伝えたいことが如実に表れている作品です。

嘘をついて人を騙したら、自分に返ってくること。うんとはたらいて、お手伝いをすることの大切さ。まっとうな方法でお金を稼ぐこと。稼いだお金で社会貢献をすること。

30ページほどの作品ですが、人生における大切なものがぎゅっと凝縮されたような作品だと感じています。

「パピプペポ」シリーズはこちら

 

『とこちゃんはどこ』

『とこちゃんはどこ』表紙

とこちゃんはどこ
福音館書店

あるひ、とこちゃんは、おかあさんといっしょに
いちばへいきました。いちばのまえで、おかあさんは、
おともだちにあって、おしゃべりをはじめました。
とこちゃんは、そのまに とことこかけだして――(p.3)

 

あかいぼうしをかぶったとこちゃんのおはなし。

とこちゃんは元気すぎて、ちょっと目を離すと、とことこかけだしてどこかへ行ってしまいます。なので、読者は、市場、デパート、動物園など人混みの中にいるとこちゃんを探さなくてはなりません。

そう、本書は、かの有名な『ウォーリーをさがせ!』のような仕掛け絵本です。
(ちなみに『ウォーリーをさがせ!』は1987年、『とこちゃんはどこ』は1970年に発売。『とこちゃんはどこ』の方が先の発売なんです!)

ページいっぱいに描かれた数えきれないほどの人、人、人。
とこちゃんによく似た子どもがいたり、引っかけ問題があったり、大人でもとこちゃんを見つけるのはなかなか難しいですよ。

 

懐かしい! かこワールドに触れよう!

多くのロングセラーを描いてこられたかこさとしさん。一度は目にしたことがあるのではないでしょうか?

昔読んだことのある方がいらっしゃるなら、ぜひこの機会に懐かしい気持ちに浸ってみませんか?

【おすすめ記事】2~3歳におすすめ!子供に読み聞かせたい絵本

ライター:飯田 萌