ブックオフオンラインコラム
ブックオフオンライントップへ
ブックオフオンラインコラム > 本に出会う > 絵本・児童書 > 読書感想文におすすめの本【小学生 低学年~高学年】

読書感想文におすすめの本【小学生 低学年~高学年】


毎年、夏休みの宿題で悩まされる「読書感想文」。それっぽい本を選んだけれど、“うちの子には難しかったかも”“この本、感想が書きにくそう”などの経験ありませんか?今回は、読書感想文の定番またはおすすめの本をご紹介します。学年別にワンポイントアドバイスもありますので、そちらも参考にしてみてはいかがでしょうか。

dokushokansoubun

 

小学校低学年

かわいそうなぞう』 土家由岐雄(著)

太平洋戦争の末期、東京は空襲を受けていました。もし、上野動物園が爆撃されてゾウがあばれだしたら大変だと、人間はゾウを殺そうとしました。必死に生きようとするゾウたちは、芸をして餌をもらおうとします。けれど……。

ごんぎつね』 新美南吉(著)

兵十が病気の母親のためにとったウナギをいたずら心から奪ってしまったきつねの“ごん”。病気の母親のことを知って反省した“ごん”がとった行動とは――?日本の名作童話。

けんかのきもち』 柴田愛子(著)

仲良しのこうたと大ゲンカをしたぼく。こうたがあやまってくれたけど、パンチされて突き飛ばされて、痛かったし、くやしかった!理屈じゃないケンカの心境、心の動きに共感できるものがありそうです。

しっぱいにかんぱい!』 宮川ひろ(著)

足の速い加奈は、運動会でリレーのアンカーを任されました。ところが本番で、まさかの失敗!落ち込んでいると、おじいちゃんから電話が……。みんな失敗して成長していくんだよと勇気づけられる物語。

エルマーのぼうけん』  ルース・スタイルス・ガネット(著)

エルマーは、どうぶつ島にとらえられている りゅうの子の話をきき、冒険の旅にでかけます。勇気を胸に、困難を乗り越えて、りゅうの子を救い出すファンタジー幼年児童書。

どの作品も情景描写に優れていて、物語の世界に入り込みやすいです。
まずは、お母さん、お父さんが物語のあらすじを話してあげると興味が湧き、より入り込みやすくなります。
低学年のうちは、素直な感想を大切にして、その子らしい言葉で感想文が書けるといいですね。

 

小学校中学年

ルドルフとイッパイアッテナ』 斉藤洋(著)

ひょんなことから、長距離トラックで東京にきた黒猫のルドルフ。ボス猫・イッパイアッテナと出会い、愉快なノラ猫生活が始まった――。猫から学ぶ、冒険・友情・愛・教養の物語。

あのときすきになったよ』 薫くみこ(著)

おしっこを漏らすから「しっこさん」。偏見で「しっこさん」が嫌いだった私。この二人がいくつかのきっかけで仲良しになっていきます。特別な理由もなく意地悪してしまうこの年齢へ向けた絵本。

チョコレート戦争』 大石真(著)

チョコでできたお城をショーウィンドーから見ていると、いきなりガラスが割れて、お店の人に犯人扱いされてしまった光一と明。いくら説明しても信じてくれない大人たち。そこから、子どもたちの名誉をかけた戦いは始まります――。

ウエズレーの国』 ポール・フライシュマン(著)

仲間はずれにされていた少年・ウエズレーは、夏休みの自由研究で新種の作物を育てたり、自分だけの服を作ったり、新しい文字や数の数え方を発明!自分だけの特別な文明を創り出す壮大な物語。

長くつ下のピッピ』 アストリッド・リンドグレーン

となりの家に住むトミーとアンニカは、ユーモアたっぷりのピッピがうらやましくてなりません。世界一つよい少女ピッピの自由奔放で愉快な物語。宮崎駿さんもアニメ化を試みた傑作。

冒険やSFなど壮大な物語と、その反対で身近な友達との関わりなどがテーマの本が比較的に感想文が書きやすいです。
読後の感想を書く前に、本を選んだきっかけや、表紙をみて思ったことなども書くとよいと思います。

 

小学校高学年

二分間の冒険』 岡田淳(著)

体育館を抜け出して、ふしぎな黒ネコに出会った瞬間から、悟の冒険が始まります。これは、六年生の悟に本当におこった、2分間の長い長い冒険物語。

オオカミ王ロボ シートン動物記』 アーネスト・T.シートン(著)

大きくて強いオオカミの王ロボが住んでいました。ロボに牛や羊を襲われた人間たちは……。ニューメキシコ(現アメリカ)のクルンパを支配するオオカミ・ロボの愛と戦いの記録を描いた壮絶な物語。

注文の多い料理店』 宮沢賢治(著)

二人の青年紳士が、猟の途中に迷った先に見つけた山奥の「西洋料理店・山猫軒」という料理店とは――。全9編を収録。読書感想文には定番のおすすめ作品。

モモ』 ミヒャエル・エンデ(著)

もじゃもじゃ頭の少女モモは、人の悩みを解く不思議な力を持っていました。ある日、時間どろぼうである灰色の男たちがやってきて、人々は時間に追われた生活を余儀なくされます――。

走れメロス』 太宰治(著)

暴君ディオニスを殺そうとして死刑を言い渡されたメロスは、妹の結婚式に出席するため、必ず戻ってくると約束をし、親友に身代わりになってもらう。そんなメロスに次々と困難が――。

中学年の感想文にプラスして、強く印象に残った場面だけでなく、反対の意見がある場面など自分の主張を書く。また、その作品で作者が最も伝えたかった点を考えて書く。読後は、どう感じたか、新たな視点や発見。今後に役立つと思ったところなど、具体的に書けるとよいかと思います。

 

おわりに

どの本もこの夏、また一つ成長させてくれそうな作品ばかりです。読書感想文は、高学年なら高学年向けの本でなければいけないというわけではないので、興味をもった本、興味がありそうな本を読んでもよいですね。

「読書感想文」に関する記事はこちらから!

さて、読書するものが決まりました。
「あ…、でも感想文を書くのが苦手だった!」「子どもに教えたいけど、どうやって?」
そんな方はこちらも参考にしてみてくださいね!

ライター

アイウチ
アイウチ
絵本が好きなアラサー主婦です。休みの日は、カラフルなデコケーキを作ったり、衝動買いしてしまう生地で裁縫をしています。