ブックオフオンラインコラム
ブックオフオンライントップへ
ブックオフオンラインコラム > 本を楽しむ > 本の保管 > 部屋の片付けで意識したい、本の整理のコツ

部屋の片付けで意識したい、本の整理のコツ


honnoseiri000

部屋を片付ける時に、意外とネックになるのが本の整理だ、という本好きの方、多いのではないでしょうか?

「さあ片付けるぞ!」と意気込んで、片付け始めたはいいものの、いつの間にか本を読んでいる…。そんな経験ありませんか?
もう何年も開くことすらなかった本なのに、つい懐かしさから読み始めてしまい、気づいたら「もう夜か!全然片付いてない、どうしよう」というパターン…。本好きあるあるの一つですよね。

そこで今回は、迷わず片付けてしまうために、本の整理方法をご提案します!

 

本の整理のコツ1
「処分か保存か」の判断は読んだ直後に!

片付けの最中につい読み始めてしまうのは、やっぱり「懐かしい」とか「どんな内容だっけ?」と興味が湧いてしまうからですよね。

そこで、処分するか、保存するかは、その本を読み終えた直後に判断してしまいましょう!

honseiri001

まず、あらかじめ「売る本ボックス」を一箱用意しておきましょう。ダンボール箱ならなんでもOKです。持ち運びやすいように大きすぎないかどうかだけ注意しましょう。

本を読み終えたら、その場ですぐに「読み返すかどうか」を基準にして、「処分するか保管するか」を考えます。”処分”の判断をした本はそのままボックスへ。ボックスに入った本は、量が貯まり次第、売ってしまえばOKです。

本によっては「いつか役に立つかも」と思うこともあるかもしれません。しかし、よほど入手困難な希少本でもなければ、「また買えばいい」くらいのつもりで整理するのが、片付け促進のためにはオススメです。

 

本の整理のコツ2
すでにたまっている本の即断は「いま読みたいかどうか」

すでに本がたまっている、という方もいるのではないでしょうか。そんな時には次のような判断基準をオススメします。

1.「いま読みたい」と思わない本を整理!

いま読みたいわけでなければ整理してしまいましょう。本のジャンルにもよりますが、ビジネス書や専門書の場合、時間が経つことで、新鮮でより詳しい情報を掲載した本が発売されることも少なくありません。そうなると、新しい情報のものも買ってしまうのが本好きの性。

本棚をざっと見回して、「いますぐ読みたい」と思わない本が複数冊あったら片付け時です。

2.タイトルが見えない本を整理!

また、「ダンボールに入れて保管している」「奥行きのある本棚に2列で保管している(後ろの列はタイトルが見えない)」など、タイトルが見えていない本は時間が経つほど手に取りにくくなります。こうなったらもう片付け時。
「保存のためにそうしている」など理由があれば別ですが、単純に処分するかどうか判断しかねたものの場合は、整理してしまいましょう!

 

部屋の片付けは「即断」が大切

本が好きな人は、ついしょっちゅう本屋さんに行ってしまうので、読みたい本が毎日のように増えていっちゃいますよね。でも、買う量も多いがゆえに片付けが進まないと、本がどんどんたまっていく「片付かないスパイラル」にハマっていきます(筆者はこの状態です)。

即断術で素早く処分すれば、「つい本を読んじゃって片付けが進まない」なんてことも少なくなります。しかも、これでお部屋もスッキリ。片付けがなかなか進まないとお悩みの方は、一度お試しください。

本の処分には重たい本を自分で運ばなくてすむ、簡単便利な宅配買取サービスがオススメです。

ライター

サカモト
サカモト
中学生の頃に歴史にハマった歴史好き30代。毎日のように本屋に行っては面白そうな本をあさってます。歴史関係のほか、漫画も好きです。