ブックオフオンラインコラム
ブックオフオンライントップへ
ブックオフオンラインコラム > 本に出会う > 小説(テーマ別) > 異様な世界が魅力? 江戸川乱歩の「奇妙なお話」5選

異様な世界が魅力? 江戸川乱歩の「奇妙なお話」5選


20171017-edogawa-ranpo-kimyo5-6

「江戸川乱歩」と聞いて思い浮かべるのは、かの有名な探偵・明智小五郎でしょうか? それとも、子ども時代に学校図書で手にした少年探偵団?

 

今回、紹介するのは、明智探偵や少年探偵団の話ではありません。独特な語り口が特徴的だったり、異様な世界観が展開したりする、ひと味違う魅力に溢れた奇妙な作品。

あなたも乱歩の不思議な世界に足を踏み入れてみませんか?

 

とある椅子職人の懺悔
『人間椅子』

20171017-edogawa-ranpo-kimyo5-1

『人間椅子』
角川書店

乱歩の奇妙な作品の中でもよく知られているのが『人間椅子』。

ある女流作家のもとに届いた一通の手紙。ファンレターの中の一通と思われた手紙は、読み進めていくにつれて、驚愕の事実を告白したものであることが明らかになっていき……。

 

こちらの作品は短編ストーリーですが、短いながらも乱歩の筆力のすごさを体感できる作品です。

乱歩の作品には、ときとして普通では考えられないような人物が登場します。それが作品の魅力の一つですが、こちらの『人間椅子』の場合も然り。淡々と語られていくにもかかわらず、意外すぎる展開には誰もが驚愕してしまうことでしょう。

『人間椅子』は、乱歩の不思議な世界をまだ体験していない人へ、最初の一作目として、ぜひおすすめしたい作品です。

 

「悪意」とはなんなのか?
『赤い部屋』

20171017-edogawa-ranpo-kimyo5-2

『赤い部屋』
光文社「江戸川乱歩全集 第1巻」より

『赤い部屋』では、「T」という話し手によって不思議な体験が告白されていきます。淡々と語られていく「T」の語る体験には背筋がゾクゾク……。

物語の結末に拍子抜けする方もいるかもしれませんが、そこには乱歩らしさが滲み出ています。

 

作品を読んでいると、登場人物の行動の一つひとつに、鋭い心理描写が隠されているのが感じられます。

乱歩といえば、探偵・明智小五郎を生み出したことでも有名ですが、一方で、犯罪者の側に立った心理描写が素晴らしく、それが独特な世界観を生み出すことにつながっているようです。

 

想像を超える展開に衝撃を受ける
『孤島の鬼』

20171017-edogawa-ranpo-kimyo5-3

『孤島の鬼』
角川書店

恋人の命を何者かによって奪われ、復讐を心に決める主人公。容疑者の一人として思い浮かんだのが、自分に友情以上の気持ちを抱いていると思われる男でした。しかし、第一の殺人に留まらず、第二の殺人事件が起き……。

 

最初は、ハラハラドキドキのミステリー的な展開なのですが、読み進めていくうちに、実は単純なミステリーではないことが明らかになっていきます。
舞台も、途中から謎の孤島へと変わり、想像以上に驚くべきストーリーが展開されていきます。

 

『孤島の鬼』は、映像化およびコミカライズされていることからも、エンターテインメント的な要素も多く、知名度の高い作品の一つです。

 

読まないと後悔する……!
『パノラマ島奇談』

20171017-edogawa-ranpo-kimyo5-4

『パノラマ島奇談』
春陽堂書店

『パノラマ島奇談』も『孤島の鬼』と同様、奇妙な島が舞台の作品です。そして、『パノラマ島奇談』の場合も、主人公や舞台の設定が奇妙なだけではなく、ストーリーがまさに奇想天外!

 

こちらの作品の場合、『孤島の鬼』の主人公とは異なり、犯罪を計画し、実行していく者の視点からストーリーが語られているのが特徴的。
また、主人公は頭が良く日常生活に退屈している、といった設定において、乱歩の『赤い部屋』などの登場人物に共通点を見出すことができるでしょう。

 

風景描写や心理描写が非常に魅力的な作品です。主人公が計画を練り、実際に実行していく際の心理描写には圧倒されてしまいます。

また、パノラマ島の詳細にわたる描写は、まるで映像を見ているかのような錯覚を覚えてしまうほど。乱歩の筆力のすごさには驚くばかりです。

 

ノスタルジーな世界観に浸れる一冊
『押絵と旅する男』

20171017-edogawa-ranpo-kimyo5-5

『押絵と旅する男』
光文社「江戸川乱歩全集 第5巻」より

これまで紹介してきた作品は、乱歩の異様な世界が魅力の作品の中でも、恐怖感を覚えさせられるものばかりでした。

しかし、最後に紹介する作品は、主人公の設定や背景なども異なっています。
こちらは犯罪とは無関係。むしろ、ファンタジータッチといえる作品で、押絵の中に入ってしまった兄と一緒に旅をしている男の話です。

 

旅人の兄は、ある押絵の中の女性に恋をしてしまいます。悩んだ結果、不思議な方法で絵の中に入ってしまうのですが、年月が流れるにつれて、絵の中の女性は少しずつ歳を取っていき……。

 

独特なタッチで描かれ、不思議なストーリー展開ではありながら、ほのぼのとした気分になれる感動の短編。この作品に触れたら、乱歩の新たな魅力が見えてくるに違いありません。

 

江戸川乱歩のディープな世界へ!

20171017-edogawa-ranpo-kimyo5-8

乱歩氏の奇妙な世界を体感するなら、『鏡地獄』『日記帳』『双生児』『白昼夢』『芋虫』などの作品もおすすめです。
明智小五郎シリーズの『屋根裏の散歩者』もお忘れなく!

 

今回ご紹介した「江戸川乱歩」の書籍
■『人間椅子』角川書店
■「江戸川乱歩全集 第1巻」光文社より『赤い部屋』
■『孤島の鬼』角川書店
■『パノラマ島奇談』春陽堂書店
■「江戸川乱歩全集 第5巻」光文社より『押絵と旅する男』

「奇妙な物語がまだまだ読み足りない!」そんなあなたにおすすめの特集があります。