ブックオフオンラインコラム
ブックオフオンライントップへ
ブックオフオンラインコラム > 本に出会う > 小説(テーマ別) > 「初読み」にピッタリなおすすめの本5選

「初読み」にピッタリなおすすめの本5選


20170103-hatsuyomi-book-t

新年あけましておめでとうございます。

読書好きの皆さまのことですから、「1年の初めに読む本」はもう決めているという方も多いのではないでしょうか。
年初め、本を読むなら後味の良い作品から始めたいですよね。
また、せっかくの「初読み」、面白くない作品に当たってしまったら、縁起が悪い気持ちになってしまう人もいるかもしれません。
そこで「初読み」にオススメな、ゴキゲンな作品たちをまとめてみました。

選定基準は、

・初読みにふさわしい、満足度の高い一冊であること
・読後感が軽く爽快な「後味の良い」ものであること
・当たり外れの少ない、アンソロジー形式の作品であること
・つい人に教えたくなる作品であること

です。

もし、何を読もうか決めかねている……という方がいらっしゃったら、ぜひ参考にしてみてください。

 

Happy Box

Happy BoxPHP文芸文庫『Happy Box』
伊坂幸太郎(著)ほか、PHP文芸文庫

「幸」の付く作家が紡ぐ「幸せ」がテーマの物語(帯より)

伊坂幸太郎さん、山本幸久さん、中山智幸さん、真梨幸子さん、小路幸也さんという、名前に「幸」がつく5人のアンソロジー。

タイトル通り「幸せ」がテーマとなっており、新年早々縁起が良い1冊としてオススメです。

といっても、ありきたりな「幸せ」物語ではなく、作家それぞれの個性が存分に出た「幸せ」なのがポイント。

なかでも、イヤミス女王の一人と称される真梨幸子さんが書く「幸せ」とは……?

つい、相田みつをさんの『しあわせはいつも じぶんのこころがきめる』という有名な言葉を思い出してしまうほど、幸せの形って色々あるのだなぁと考えさせられる一冊です。

 

ほっこりミステリー

ほっこりミステリー宝島社文庫『ほっこりミステリー』
伊坂幸太郎(著)ほか、宝島社文庫

心がじんわり温まる“人の死なない”物語。(帯より)

かの有名な伊坂幸太郎さん、『さよならドビュッシー』でこのミステリーがすごい!大賞を受賞した中山七里さん、2016年度直木賞候補になった柚月裕子さん、日本ラブストーリー大賞受賞の吉川英梨さんという、まさに今が旬という作家たち4人のアンソロジー。

本書は『しあわせなミステリー』の文庫化にあたり改名されたもの。

ドキドキさせられながらも、最後にはほっこりする作品が揃っているので、お正月、こたつに入って暖かいお茶と一緒に愉しみたい一冊となっています。

ミステリー好きな方、年初めの1冊として、暖かい気持ちになれるミステリーはいかがでしょうか?

 

君と過ごす季節 春から夏へ、12の暦物語

君と過ごす季節 春から夏へ、12の暦物語ポプラ文庫『君と過ごす季節 春から夏へ、12の暦物語』
大崎梢(著)ほか、ポプラ文庫

一年を二十四の季節で分ける、二十四節気。注目の作家たちが、立春、啓蟄、春分など、四季折々のきらめきを切り取る、珠玉のアンソロジー春夏篇(ポプラ社ホームページより)

西加奈子さん、原田ひ香さん、大崎梢さん、小手鞠るいさんなど、有名作家12人が描くアンソロジー。
本書は、立春(二十四節気の第1。暦上、春が始まる日)から大暑(二十四節気の第12。暦上、立秋の前日まで)までの、12の暦がテーマとなっています。

二十四節気に合わせたアンソロジーということもあり、新年の初読みにはぴったり。

なお、二十四節気の第13~第24をテーマにした『君と過ごす季節 秋から冬へ、12の暦物語』もあるので、気に入った方はぜひ手に取ってみてくださいね。こちらも、柚木麻子さんや内田春菊さん、山崎ナオコーラさんなど豪華な面々が揃っていますよ。

 

Wonderful Story

Wonderful Story『Wonderful Story』
伊坂幸太郎(著)ほか、PHP研究所

「犬」にちなんだペンネームに改名(!?)した人気作家5人による犬をテーマにした5つの物語。(帯より)

伊坂幸犬郎さん、貫井ドッグ郎さん、犬崎梢さん、木下半犬さん、横関犬さんなど、名前に「犬」がつく5人のアンソロジー。

んん?!と二度見した方もいるかもしれません。

並んでいるのは見覚えがある名前ばかり。一文字を除いて…そう、この5人は、本書のために「犬」にちなんだペンネームに改名した人気作家たち。

「犬」をテーマにした、”ワン”ダフルストーリーが5編収録されています。

「犬」にちなんだペンネームという企画からも分かるように、どれもこれもクスリと笑ってしまう作品ばかり。この気持ちの良い読後感は、初読みには最適ですよ。

 

運命の人はどこですか?

運命の人はどこですか?祥伝社文庫『運命の人はどこですか?』
飛鳥井千砂(著)ほか、祥伝社文庫

人生を変える出会いがきっとある。劇的じゃなくても、ロマンチックじゃなくても、その人があなたの求める”王子様”かも?(帯より)

飛鳥井千砂さん、彩瀬まるさん、瀬尾まいこさん、西加奈子さん、南綾子さん、柚木麻子さんといった女性作家6人の恋愛アンソロジー。

といっても、単なる甘い恋愛小説が並んでいるわけではありません。

運命の人とは、”恋愛”としての運命だけではないのです…それは私にとって一つの気づきでした。

良縁を繋ぎたい新年、本書を読んで「運命の人」について思いを馳せてみてはいかがでしょうか?
あたたかい読後感は、新年の初読みを幸せなものにしてくれますよ。

 

「初読み」で良い1年を迎えよう

20170103-hatsuyomi-book-4

読書好きにとって「初読み」の作品は大切な一冊。面白そうだと思った作品があれば、ぜひ「初読み」候補にしてくださいね。

ご紹介書籍
♦『Happy Box』 伊坂幸太郎(著)ほか、PHP文芸文庫
♦『ほっこりミステリー』 伊坂幸太郎(著)ほか、宝島社文庫
♦『君と過ごす季節 春から夏へ、12の暦物語』大崎梢(著)ほか、ポプラ文庫
♦『Wonderful Story』伊坂幸太郎(著)ほか、PHP研究所
♦『運命の人はどこですか?』飛鳥井千砂(著)ほか、祥伝社文庫

短編がお好きな方にはこちらもおすすめ!

 

ライター

I.Megumi
フリーランスのライター。一児のママ。出産前まではリクルートで結婚情報誌を担当。現在はWeb媒体にて書籍、音楽、育児など幅広く執筆中。影響を受けた作家は白石一文。趣味はスイーツを愉しむこととドラマ鑑賞。