ブックオフオンラインコラム
ブックオフオンライントップへ
ブックオフオンラインコラム > 本に出会う > 大人コミック > 『ちびまる子ちゃん』のキャラ、永沢君が中学生になっても「卑屈」だった。

『ちびまる子ちゃん』のキャラ、永沢君が中学生になっても「卑屈」だった。


20170621-nagasawakun1

 

こんにちは。月曜日に備えて、日曜日はとことんだらけてしまうカタクラです。

 

ここ最近、『こどものおもちゃ』『ママレード・ボーイ』『グッドモーニングコール』『カードキャプターさくら』など、自分が子供の頃に読んでいた少女漫画の、スピンオフや続編作品をよく見かけるようになりました。

その中でも、表紙のインパクトと溢れ出るジメジメ感に、思わず手に取ってしまったスピンオフ作品があります。

 

玉ねぎ頭のアイツが中学生に!

0015002036LL

永沢君
さくらももこ(著)、小学館
(写真はスピリッツボンバーコミック)

 

ご紹介するのはさくらももこさんの作品『永沢君』。

少女漫画雑誌りぼんで、1986年から連載(現在は不定期連載)されている『ちびまる子ちゃん』のスピンオフ作品で、ビッグコミックスピリッツで1993年から1995年まで連載されました。
少女漫画のスピンオフではありますが、まったくもって華々しい要素はありません。

2013年には劇団ひとりさんを主人公に実写ドラマ化され、深夜5分のミニドラマでありながら、驚きのキャストやシュールすぎる内容に注目が集まりました。

ちなみに本作で、まるちゃんは回想シーンでしか登場しませんのでご注意を。

 

本作の主人公は、玉ねぎ頭がトレードマークで、いつも暗くて嫌味ばかり言っている「卑屈」な永沢君。
表紙だけでもすでにジメッ…とした雰囲気がありますね…。

お人良しではあるが「卑怯」と言われる藤木君、おおらかではあるが肥満気味で「愚鈍」と言われる小杉君と、小学校を卒業しても相変わらず一緒に過ごしており、そんな彼らの中学校生活をブラックユーモアとギャグたっぷりに描いた漫画です。
「卑屈」「卑怯」「愚鈍」が集まって「思春期」真っ盛りの中学校生活をおくる…。これはもう危ないニオイしかしません…!

 

永沢君は、成長してもやっぱり嫌な奴でした。

20170621-nagasawakun3

漫画やアニメを見たことのある方たちは、永沢君にどんなイメージを持っていますか?

わたしの持つ永沢君へのイメージは、「暗い」「嫌味」「陰湿」など。あれ、いいところがひとつも出てこない…。

 

しかし卑屈だった彼ももう中学生。玉ねぎ頭にちょこんと乗っていた黄色の通学帽は、黒の学生帽になりました。

きっと少しは柔らかくなり、暗いながらも楽しい中学校生活を送っている……わけがなかった!
おかしい。永沢君は中学生になり、彼が本来持つ「性格」と「悩み」、さらに「思春期」を抱えたことで、さらに「卑屈」に磨きがかかっていました…くっ!
藤木君に対する当たりが強すぎて泣けてきます…。

中学生男子特有の思春期の悩みなどの描き方がなんとも生々しく、それなのになぜか笑ってしまう描写が多くあります。思わず「さくらももこさん、天才!」と言ってしまいそうです。

目立つ生徒の陰でいつも教室の隅にいた男子生徒って、こんな感じなのでしょうか…。

 

『ちびまる子ちゃん』のキャラクターも活躍!

本作では、お金持ちの花輪君、花輪君の執事・ひでじい、おかっぱ頭の野口さんなど、『ちびまる子ちゃん』でもおなじみのキャラクターが登場します。

ちなみに小杉君、野口さん、さらに縦ロールのお嬢様・城ヶ崎さんの3人は『永沢君』で初登場し、のちに『ちびまる子ちゃん』に逆輸入されたんです!知らなかった!

 

さらに本作には、暴走族に入隊している不良のやすあき、どこまでも性格の悪い倉田と川口、ひたすらスケベで下品なゲヘ、成績は悪いが優しいカツヤンなど、『ちびまる子ちゃん』に負けないくらいの強すぎる個性を持ったキャラクターばかり登場します。
というか、まともなキャラクターなんているのかしら…。

 

永沢君が恋をする!?

20170621-nagasawakun4

本作では、登場人物たちの恋の話も展開されます。誰が誰に恋をして、結ばれるのか?はたまた結ばれないのか?その行方は気になるものです。

 

ところで本作では、『ちびまる子ちゃん』を見たことのある方には、あまりにも衝撃的すぎる城ヶ崎さんの恋や性癖について明かされます。『永沢君』で城ヶ崎さんを初めて知ったという方でも、「えっ…?」と思うかもしれません。

小学生のときは、気は強いけれど、誰とでも親しくできる社交的な女の子だった城ヶ崎さん。一体何が彼女をそうさせたのか!?と思うばかりです。
本作を読んだうえで『ちびまる子ちゃん』を見ると、彼女を見る目がきっと変わります。ぜひ、確認してみてください!

 

永沢君は、実は見習うべきスゴイ奴だった!?

常に「卑屈」で嫌な奴ではありますが、永沢君には一つ、見習うべきところがあります。それは、ズバッと言いたいことを言えるところ。

人間関係に悩みがちな現代社会。言いたいことはあるけれど、相手に気を使って何も言えない…なんて方も多いのではないでしょうか。

みんなが、思っていても言えないことを、悪びれた様子もなくサラリと言える永沢君。そんなところは尊敬したいし、見習いたいですね。だがしかし空気を読まなくていいとは言っていない。

 

ブラックな内容盛りだくさんな作品ではありますが、決して読みにくくはありません。
「永沢君って本当に嫌な奴!」と思いながらも、最後はクスッと笑える漫画なので、ぜひ読んでみてくださいね!

『てんこ盛り!永沢君』もあわせて読むのがおすすめです!

 

今回ご紹介した漫画
永沢君』さくらももこ(著)、小学館

 

あわせて読みたい!
てんこ盛り!永沢君』さくらももこ(著)、小学館
ちびまる子ちゃん』さくらももこ(著)、集英社

 

『永沢君』だけじゃない!
あの漫画もこの漫画も!?実はこんなにあった続編漫画を紹介した特集はこちら!