ブックオフオンラインコラム
ブックオフオンライントップへ
ブックオフオンラインコラム > 本に出会う > ミステリー小説 > 東野圭吾著書『麒麟の翼』日本橋の麒麟像が持つ意味とは?

東野圭吾著書『麒麟の翼』日本橋の麒麟像が持つ意味とは?


20170818-kirin-no-tsubasa1

麒麟の翼
東野圭吾(著)
講談社
発売日: 2014/02/14

 

 

あらすじ

建築部品メーカー「カネセキ金属」製造本部長の青柳武明は、胸にナイフが刺さった状態で日本橋の麒麟像の前で力尽きていた。なぜ、青柳は瀕死の状態で日本橋の麒麟像まで歩いてきたのか。容疑者と思われる若い男は犯人なのか……。その真相に加賀恭一郎が挑む!

 

加賀恭一郎シリーズの最高傑作!

20170818-kirin-no-tsubasa2

本書は東野圭吾氏の人気推理小説「加賀恭一郎シリーズ」の第9作です。

同シリーズでは、様々な要素を取り入れ描かれていますが、本書のテーマは「悲劇からの希望と祈り」。
東野作品では人間の心の奥底が描かれることは多いですが、本作でもそれがうまく描かれています。

表面的なものしか見ない人に、人間の心の奥深さを伝える加賀恭一郎の懐の深さは、悲しくもあり魅力的でもあります。

本書のおもしろさは、事件を解決するだけでなく、人間ドラマも盛り込まれているところ。また、目が離せないストーリー展開で一気に物語に引き込まれてしまいます。

同シリーズでは、第8作「新参者」から舞台を日本橋に移しており、本書でも加賀は日本橋署の警部補という設定です。また、シリーズ他作品でも捜査を一緒に行っている加賀の従弟・松宮脩平も、変わらず警視庁捜査一課の刑事として登場しています。

発売当初から評価が高く、「加賀シリーズ最高傑作」という本書のキャッチコピーに賛同する声が聞かれました。

2010年に「新参者」がテレビドラマ化。続いて2011年に、スペシャルドラマ「東野圭吾ミステリー 新春ドラマ特別企画 赤い指~「新参者」加賀恭一郎再び!」が放映されています。
さらに、これらのテレビ放映の続編として、2012年に阿部寛さん、新垣結衣さん、溝端淳平さんら豪華キャストにより「麒麟の翼 ~劇場版・新参者~」として映画化。

映画を先に見た方でも、十分楽しめる一冊です。

 

今回ご紹介した書籍
麒麟の翼』東野圭吾(著)、講談社

加賀恭一郎シリーズはこちら

東野圭吾さんの全作品はこちらでご紹介してます!