ブックオフオンラインコラム

ブックオフオンライントップへ

ブックオフオンラインコラム > 本に出会う > コミック(テーマ別) > 疲れた女性の心をわしづかみ! コナリミサト おすすめ漫画

疲れた女性の心をわしづかみ! コナリミサト おすすめ漫画


公開日:2019/9/17

コナリミサト おすすめ漫画

ドラマ『凪のお暇』が大ブーム。そんなドラマの原作は、「共感できる!」と女子のリアルな心情描写に定評のある、コナリミサトさんの漫画です。

コナリさんの作品は、読んでいると元気になれる「ビタミン漫画」だなぁと思います。

そこで今回のコラムでは、コナリさんの作品のなかから、私がおすすめしたい漫画をご紹介します。元気のないとき、疲れているときに、ぜひ手にとってみてくださいね。

 

『凪のお暇』

『凪のお暇』表紙

凪のお暇
秋田書店

場の空気を読みすぎて、他人にあわせて無理した結果、過呼吸で倒れた大島凪、28歳。
仕事もやめて引っ越して、彼氏からも逃げ出したけど…
リセット女子の断捨離ラブコメ!(1巻 表紙裏)

 

口癖は「わかるー」で、唯一の生きがいは「節約」の主人公、凪。

ある日凪は、空気を読みすぎて、ついに過呼吸となり会社で倒れてしまいます。
その後、空気を読む人生をリセットしたい、とにかくまっさらになりたいと、都心の2LDKから郊外の6畳一間へお引越し。仕事も恋も服も家具もすべて捨て、無職の生活を始めます。

豊かな人生≠SNS映えの生活。日々を工夫して、自分なりに楽しめればそれでオッケー。誰の目も気にせず、自分の心に忠実に……。そんな丁寧な生活を送る凪を見ていると、じわじわ力が湧いてくるんですよね。

なかなかヘビーな物語ですが、色々お疲れの方にそっと手渡したい作品です。

 

『珈琲いかがでしょう』

『珈琲いかがでしょう』表紙

珈琲いかがでしょう
マッグガーデン

一際目を引く、タコのマークの移動珈琲屋さん。
気ままな店主が一杯一杯、丁寧に淹れた珈琲は、なんだか心がほぐれるそんな味…。
日々のしがらみで疲れた人々にやすらぎを与え、時に苦しみから救うこともあるという。
そんな店主と悩める人々が織り成す
優しくもほろ苦い、人情珈琲群像劇。(新装版1巻 表紙裏)

 

移動珈琲屋さんを舞台に描かれる、オムニバスストーリー。

マスターの青山さんが、手動で豆を挽いて丁寧に淹れた珈琲には、皆を癒やす力がある。そしてその珈琲を飲んだお客さんたちは、それぞれの問題を解決していく……という構成。
なので私は、定番の「ほっこりグルメ人情漫画」だとすっかり思いこんでいました。

ところが、読んでいるうちに、ありきたりな展開ではなくなっていきます。いつも笑顔で優しく話を聞いてくれる青山さんは、想像を超える過去を抱えていたのです……。

「珈琲に出会えた時、世界が変わった」。どんでん返しの連続で、最後まで結末が読めない作品です。

 

『恋する二日酔い』

『恋する二日酔い』表紙

恋する二日酔い
イースト・プレス

元恋人の結婚式で出会う男女、女優崩れのガールズバー店員、コンビニバイトの女子高校生、天然おデブ姉と小悪魔系な妹、卒業式で飲み明かす学生たち、たくさんの出会いと別れ……。
甘さも苦さもギュッと詰めこんだ13篇。(1巻 帯 表紙裏)

女の子に人気のビール「ピンクビールアワー」をキーアイテムにした、ショートストーリー。
私は第3話、元カレの結婚式に招待された女子の物語が特にお気に入りです。

いつもすっぴんボサボサ髪、デニムを愛するズボラ女子が、大金をかけて全身武装し元恋人の結婚式へ。
ギャップを全面的に出した彼女の姿に、新郎と新婦は唖然。これで心が晴れてすっきり! と思いきや、スライドショーで流れる2人の思い出に撃沈。二次会には参加せず、一人飲みを始めます。するとまさかの展開に……。

どの作品も共感でき、ホッとさせられ、笑わせてもらい、個人的に大好きな作品です。まるでショートムービーを見ているかのような、じんわりとした余韻が残ります。

 

『キノコノホン』

『キノコノホン』表紙

キノコノホン
ワニブックス

コナリさんの初期の作品で、今の作風とは少し異なる1冊。

上京したての舞竹マリ男には、「東京で行きつけのバーを作る」というささやかな夢がありました。

マリ男が近所の良さげな店に勇気を出して入ってみるのですが、なんと店主が「きのこ」!? そして常連客は、紙袋をかぶった男性!?
わけがわからない設定に、プッと笑えて癒やされるギャグ漫画なんです。

なお本書は、前後ろ両A面の特殊な作りになっています。つまり、前から読んでも後から読んでも話がつながる構成なんです。
そんな仕掛けを楽しめるのも書籍ならでは。ぜひ手にとってみてください。

 

『ひとりで飲めるもん!』

『ひとりで飲めるもん!』表紙

ひとりで飲めるもん!
芳文社

紅河メイはコスメ会社の広報部に勤務する28歳。仕事もできて、スタイル抜群。憧れる人も多いが、やっかみも多い。
そんな彼女の密かな楽しみは、チェーン店、
それも居酒屋ではなく、チェーンの丼店、ラーメン店、カフェで食事をとりながらさくっと飲むこと。
働く女性に贈るちょいグルメストーリー。(帯 表紙裏)

 

チェーン店飲みが大好きなバリキャリ女子の物語がこちら。

「バリキャリ」とはキャリアを意識してバリバリ働く人のこと。
そんなバリキャリ女子の主人公は、会社では仕事のできるカリスマ美女なのですが、会社を出ると張りつめた糸がぷつんと切れ、チェーン店に直行。
容姿とは裏腹に、リーズナブルにさくっと飲めるチェーン店が大好きなのです。

出てくるのは天丼屋、餃子屋など、女性1人ではちょっと入りにくいお店。そのギャップがいいんですよね。美味しそうに食べているシーンを見るだけで、おなかがへってきます。

また、チェーン店飲みを満喫できるようなうんちくもあり、私は一方的に親近感を持っています(笑)

 

女性の心をくすぐる物語が魅力!

『凪のお暇』がドラマ化されるなど、話題のコナリミサトさん。『凪のお暇』だけでなく、他の作品も女子の心をくすぐる作品になっていますよ。

【おすすめ記事】おすすめ大人女子漫画|仕事や恋愛、結婚…オトナ女子あるあるに共感!

ライター:飯田 萌