ブックオフオンラインコラム

ブックオフオンライントップへ

涙が止まらなかった感動の漫画


更新日:2019/8/2

涙が止まらなかった感動の漫画

日々に追われていると、ときどき「泣くことでスッキリしたい!」欲に駆られることがあります。読者のみなさんもそんなときがありませんか?

今回のテーマは「涙が止まらなかった感動の漫画」。本当におすすめの漫画ばかりなので、もし未読の作品があったらぜひ読んでみてください! 号泣すること間違いなしですよ。

 

吉川景都『さよならわたしのおかあさん』

さよならわたしのおかあさん表紙

さよならわたしのおかあさん
吉川景都(著)、新潮社

肝臓がんでの3年間の闘病。

「大丈夫よ」と笑顔で冗談を言い続けたおかあさん。

言葉の意味も愛情の深さも、母になった今だから分かる。

おかあさんがくれた全てに、私は何を返せる?(帯)

 

主治医の先生に告げられたのは、母が余命2週間だということ。そう言われてもなお「おかあさんだけは絶対治る」「だってこんなに元気なのに」と考えていた主人公。

ですが、母は、確実に病魔に蝕まれていました。ただ、子どもの前では、苦しんでいる姿を見せなかっただけだったのです。

必ずそばにいてくれた、呼べば返事をしてくれたおかあさん。しかし、おかあさんがいなくなってしまった時――。
号泣必至の1冊です。

 

卯月妙子『人間仮免中』

人間仮免中

人間仮免中
卯月妙子(著)、イースト・プレス

生きてるだけで最高だ!

壮絶な過去と統合失調症を抱えた著者が、36歳にして出会った25歳年上のボビー。苛烈で型破りで、そして誰より強靭なふたりの愛を描いた感動のコミックエッセイ!(帯)

 

世の中の100人に1人が統合失調症と言われている現代。

物語は、主人公が歩道橋から飛び降りようとするシーンから始まります。統合失調症を患い、「殺せ殺せ殺せ」という幻聴に悩まされ、自分を傷つけ続けるも死ねない。さまざまなものが崩壊し、この世は地獄のよう。

そんな主人公の目の前に現れたのが、25歳年上のボビーでした。そして、2人は恋に落ちますが……?

絶句してしまうほど衝撃的な作品です。読んでいて苦しくてたまらなくなります。ただ、読み終わった頃には、感動の涙がこぼれていること間違いなしです。

 

大今良時『聲の形』

聲の形表紙

聲の形
大今良時(著)、講談社

「俺は彼女が嫌いだった」――明るく!楽しく!大冒険!がモットーの少年、石田将也(いしだ・しょうや)。耳の聞こえない転校生の少女、西宮硝子(にしみや・しょうこ)。

2人の出会いが、教室を、学校を、そして将也の人生を変えていく――。(表紙裏)

 

元気でわんぱくな将也と、耳の聞こえない硝子の物語。彼らの小学生時代から高校生の頃が描かれています。

正反対の2人を取り巻く、複雑な心境、思春期ならではの熱っぽさ、衝突、孤独、後悔、絶望。読んでいると、苦しくて、共感できて、切なくて……。
単純に言葉では言い表せない気持ちでいっぱいになります。私は何度泣いたか分かりません。

そして、涙が止まらないクライマックス。アニメも素晴らしい出来なので、コミックと一緒に楽しんでいただけたら嬉しいです。

 

宮川サトシ『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』

母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。表紙

母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。
宮川サトシ(著)、新潮社

「自分の母親だけは、絶対に死なないと思い込んでいた――」

最愛の母のがん告知、闘病、葬儀。

死後も淡々と続いていく日常で作者が発見したこと。

現実と真摯に向き合う過程で見えてきた“母の死”の意味とは――。

いつか、誰もが経験する大切な人との別れを経て、その後の日々をいかに生きていくか問いかける自伝エッセイ漫画。(表紙裏)

 

母を失った後の日々を綴ったコミックエッセイ。

「ねぇお袋……俺がこんなに悲しくて寂しがっていること伝わってる?」と呟くも、返事はない。思い出すのは「ずっとあんたのそばにいるからね」という言葉。いつまでも、母のアドレスを消せないでいる僕。

“最愛の人がいない世界”への違和感が拭えないまま、時は経っていきます。そして、主人公は、母のいない世界を生きる意味について考えるようになっていきます。

きっと共感できる人は多いはず。2019年の春に、映画化もされていますので、興味のある方はぜひあわせてご覧ください。

 

 

鈴ノ木ユウ『コウノドリ』

コウノドリ表紙

コウノドリ
鈴ノ木ユウ(著)、講談社

「未受診妊婦」妊娠していると分かっているにもかかわらず、一度も検診を受けなかった妊婦のことを言う。胎児の状態や母体の感染症などの情報が何もないので、とても危険な患者。

「切迫流産」全く予想がつかない破水。妊娠期間が1日、1週間と長くなるごとに赤ちゃんの救命率は上がる。目標は救命率50%。妊娠期間24週。胎児の推定体重500g。(表紙裏)

 

綾野剛さん主演のドラマがヒットしたことで知られるコミック。妊娠から出産までの厳しい現実が描かれています。

私がこのマンガを初めて読んだのは、子どもを産む前でしたが、自分のお母さんはこんなに大変な思いをして産んでくれたんだな……と思うと、涙が止まりませんでした。

1人の人間が生まれるまでのドラマがここにあります。理不尽な現実に悲しみつつ、1つの命が生まれたことに感動する。出産は奇跡なんだと、改めて感じる名作です。

 

涙が止まらない感動作品をぜひ!

いかがでしたでしょうか? どの作品も「涙が止まらない」作品ばかりです。ぜひとも手に取っていただけたら嬉しく思います。

【おすすめ記事】泣ける短編小説で涙活|小説を読んでストレス解消しよう!

ライター:飯田 萌