ブックオフオンラインコラム
ブックオフオンライントップへ
ブックオフオンラインコラム > 本に出会う > 文学小説 > 第8回 芥川龍之介『藪の中』|「真相は藪の中」の語源は小説だった?!【連載コラム】

第8回 芥川龍之介『藪の中』|「真相は藪の中」の語源は小説だった?!【連載コラム】


こんにちは、アオノです。

みなさんは「真相は藪の中」という言葉をご存知でしょうか?

物事の真相が明らかになっていないときに使う言葉で、一度は聞いたことがある、もしくは使ったことがあるかもしれませんね。でもよく考えてみたら、なんで「藪?」と思いませんか?

実はこの言葉、芥川龍之介の『藪の中』という小説が語源なのです。

ではなぜ小説のタイトルが語源となったのか。

それは、この物語の「真相」が、明らかになっていないから

『藪の中』は、書かれてから100年近く経った今でも、その真相の議論が絶えない傑作。
ではどういうお話なのでしょうか?

 

『藪の中』のあらすじ

わたしが搦め取った男でございますか? これは確かに多襄丸(たじょうまる)と云う、名高い盗人でございます――。馬の通う路から隔たった藪の中、胸もとを刺された男の死骸が見つかった。殺したのは誰なのか。今も物語の真相が議論され続ける「藪の中」(表紙カバー裏より)

 

『藪の中』の「真相は藪の中」

「真相は藪の中」

まさにその言葉通りの小説。ある藪の中で、殺人事件と強姦事件が起こり、それについて7人の男女が証言をする、というストーリーです。

小説というよりも、実録証言集! みたいなイメージですかね。ニュースで目撃情報を喋っている4人と、裁判で証言する当事者の3人、と考えるとイメージしやすいかもしれません!

当事者、というのはこの3人。

・自分が男を殺したという多襄丸(盗人)

・死んだ男

・死んだ男の妻・真砂

え、自白してるし、犯人、多襄丸じゃん?て思いますよね。それに、証言が7つもあれば、真実にたどり着くはず、と思うでしょう? いやいや、一筋縄ではいかないのが、この『藪の中』。

これが普通のミステリー小説であれば、誰がなぜどうやって殺したのか、真相が明らかになっていくのが普通でしょう。ですが『藪の中』は、いったい、誰が男を殺したのか、どうにもよくわからない。つまり、みんな同じ事件のことを話しているのに、なぜか7人の証言が食い違っているのです。

第一発見者のキコリの証言から、この物語は始まります。7人の証言しか、わたしたちが頼れるものはありません。では、藪の中で何があったのでしょうか。7人の証言を読んで、じっくりと考えてみてください。

血なまぐさい事件であるのに、幻想的な美しい情景が浮かぶ『藪の中』。芥川の美しい言葉は、極限状態の男女の姿を、美しく、鮮明に映し出します。

あなたは、藪の中で生まれたこの事件の真相を見抜けるでしょうか?……。ミステリー小説好きにもたまらない一作ですよ!

 

『藪の中』の真相はどこにある?

今でも、『藪の中』をモチーフにした映画や舞台がたくさん制作されています。有名なのは、黒澤明監督の「羅生門」。芥川の『羅生門』をベースに、「藪の中」の真相を暴くという映画です。

あらゆる芸術に影響を及ぼし、100年近く経った今も、読んだ者の頭を悩ませ続ける『藪の中』。

ぜひあなたなりの「真相」を、探してみてくださいね。

 


今回ご紹介した芥川龍之介『藪の中』

藪の中』講談社


 

『藪の中』以外の文学作品も読みたい方は、よろしければ今までのコラム【文学の種】も見てみてください!バックナンバーはコチラ↓

 

芥川をはじめ、23人の文豪の名作をまとめた特集もあります!
たくさんの名著と出会えます。