ブックオフオンラインコラム
ブックオフオンライントップへ
ブックオフオンラインコラム > 本に出会う > 文学小説 > 『かもめのジョナサン 完成版』44年間封印されていた最終章でついに完結!

『かもめのジョナサン 完成版』44年間封印されていた最終章でついに完結!


 

世界で4000万部を突破したベストセラー『かもめのジョナサン』。1970年に出版され、約50年。これまでどれだけの読者を虜にしてきたのでしょうか。

 

読書好きな方なら、一度は読んだことがある名作だと思いますが、2014年に最終章が追加され「完成版」としてリニューアルしていたことをご存知でしょうか?

今回のコラムでは「完成版」となった『かもめのジョナサン』を改めて紹介したいと思います。

 

正直なところ、『かもめのジョナサン』は個人的に大変感銘を受けた作品ということもあり、「完成版」を読むまでは複雑な気持ちでした。(名作であればあるほど、思い入れがあればあるほど、「リニューアル」されることに抵抗を感じる方は少なくないはず)

そして、読み終わった後は、あまりの結末の違いに、言葉が出ませんでした。

 

どちらの結末が「しっくり」くるかは、人それぞれ分かれると思います。賛否両論あるでしょう。

ですがそれでも、読んでいただきたいのです。人生に対して前向きな気持ちになれる、ワクワクさせてくれる、名著だと思いますので。

色々な人生経験を踏んだ大人になった今だからこそ、再度手にとってほしい一冊です。

 

『かもめのジョナサン 完成版』

かもめのジョナサン完成版の表紙

かもめのジョナサン 完成版
リチャード・バック(著)、五木寛之(訳)
新潮社

「飛ぶ歓び」「生きる歓び」を追い求め、自分の限界を突破しようとした、かもめのジョナサン。群れから追放された彼は、精神世界の重要さに気づき、見出した真実を仲間に伝える。しかし、ジョナサンが姿を消した後、残された弟子のかもめたちは、彼の神格化を始め、教えは形骸化していく……。新たに加えられた奇跡の最終章。帰ってきた伝説のかもめが自由への扉を開き、あなたを変える!(新潮文庫版 表紙裏)

 

エサのために「飛ぶ」のではなく、純粋に「空を飛ぶ」ことに魅了されたかもめの物語。

誰よりも速く、誰よりも高く飛ぶことを目指して訓練を続けるジョナサン。周囲からは浮いてしまい孤高の存在となるも、ともに高みを目指す仲間たちに出会い、変わっていきます……。

 

見方によっては、自己啓発本でもありますし、組織デザインの本でもあります。ジョナサンの心の機微は、私たち人間を刺激し、共感を集め、心を揺すぶるのです。

 

また、いわゆる“金言”が多いのも、本書をベストセラーたらしめているゆえんでしょう。

 

きみの目が教えてくれることを信じてはいかんぞ。目に見えるものには、みんな限りがある。きみの心の目で見るのだ。すでに自分が知っているものを探すのだ。そうすればいかに飛ぶかが発見できるだろう。(新潮文庫版 p122)

 

これは、私が好きな一節です。この言葉だけでなく、本書に眠る金言たちに、私は数多く助けられてきました。

 

44年間封印されていた『かもめのジョナサン』の“Part Four”とは?

 

ところで、これまでの『かもめのジョナサン』と『かもめのジョナサン 完成版』とは何が違うのでしょうか?

 

違いは、最終章(Part Four)があるかないか、になります。

『かもめのジョナサン』は、Part Threeで終わっていました。おそらく、読者のみなさまにとって、お馴染みのあの結末です。

 

ところが……44年を経てPart Fourの存在が発表されたのです。

Part Fourは、作者が新しく執筆したのではなく、当時から既に存在していました。作者はPart Fourを執筆したものの、自分の考えていたことはPart Threeまでで充分語り尽くされていたこと、「ジョナサンの物語はこれで終った」と感じたことから、Part Fourをまるまるカット。

その結果、Part Fourはお蔵入りになってしまったのです。

 

当時のことを、作者はこのように回想しています。

 

わたしは『かもめのジョナサン』の物語にこの結末が必要だとは信じられず、どこかへ置きっぱなしにした。わたしたちが選び取った自由な生き方が、やがて規則と儀式によって少しずつ殺されていく物語を、わたしは拒否したのだ。そして、半世紀ほどの歳月が過ぎた。(新潮文庫版 p10)

 

Part Fourが世に発表されるキッカケとなったのは、作者の妻が「これ、おぼえてる?」と原稿を引っ張り出してきたことでした。そして、作者は数十年ぶりに当時の原稿を読み直したのです。

 

タイプの文字は消えかけていたが、言葉はわたしの精神のこだまであるように思われた。正確には、かつてのわたしの精神のこだま。これはわたしが書いたのではない。あいつが書いたのだ。あの時の、あいつが。

原稿を読み終った時、わたしはあいつの警告と希望の声を充分に聴いたと思った。(新潮文庫版 p10)

 

作者は過去の自分からのメッセージを受け取り、Part Fourを含む完全版を発表することを決意したのでした。

 

『かもめのジョナサン』の“Part Four”を少しだけネタバレ!

 

Part Fourがどのような内容なのか、気になる方も多いかと思います。そんな方のために、ほんの少しだけ内容をネタバレしたいと思います。

 

Part Fourでは、ジョナサンが姿を消してからの数年後が描かれています。

若いカモメたちの間で、ジョナサンは「伝説のカモメ」として、神のように讃えられていました。ジョナサンの言葉、しぐさ、目は何色だったかなど、些細なことを知りたがっている姿は、まるでアイドルのファンクラブのよう。

 

一方、<直接にジョナサンから学んだ生徒たち>は、そのような若いカモメたちに懐疑的でした。

なぜなら、若いカモメたちは、ジョナサンの表面的な部分にのみ気を取られ、「真に飛ぶことを求め」訓練を行ったり、努力を重ねることを怠っていたからです。

皆、練習にうんざりしており、飛ぶことを忘れていきました……。

 

ジョナサンの弟子たちは困惑するも、この流れを食い止めることができずにいました。そして……。

 

続きはぜひ書籍にてご確認ください。

今お話しした部分は、Part Fourの冒頭部分2~3ページに過ぎません。結末にぜひとも心を奪われてくださいね。

 

今回ご紹介した書籍

かもめのジョナサン 完成版
リチャード・バック(著)、五木寛之(訳)、新潮社

⇒『かもめのジョナサン』新潮社

 

ライター

飯田 萌
フリーランスのライター。一児のママ。出産前まではリクルートで結婚情報誌を担当。現在はWeb媒体にて書籍、音楽、育児など幅広く執筆中。影響を受けた作家は白石一文。趣味はスイーツを愉しむこととドラマ鑑賞。