ブックオフオンラインコラム
ブックオフオンライントップへ
ブックオフオンラインコラム > 本に出会う > 文学小説 > 川端康成『雪国』ってどこのこと?ざっくりわかる『雪国』のあらすじ

川端康成『雪国』ってどこのこと?ざっくりわかる『雪国』のあらすじ


「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。」

この冒頭は、有名すぎるほど有名ですが、みなさん間違って覚えていませんでしたか?
『雪国』を読んだことがなかった私は

「長いトンネルを抜けるとそこは雪国だった。」

だと思っていました。

全然違うし、なんだか美しくない!

そもそも『雪国』のタイトルを聞いたことがあっても、内容を知らない方も多いのではないでしょうか?

ざっくり言うと『雪国』は、文筆家で妻子持ちの島村と芸者の駒子が、互いに惹かれあうお話。

 

それでは『雪国』がどんなお話なのか、もう少し詳しくご紹介します!

※ネタバレを含みます。ご注意ください!

 

『雪国』のあらすじ

20171018-shiranakatta-yukiguni-kawabata-yasunari01

 

12月の初め。
親の遺産で自由気ままに暮らしている文筆家の主人公 島村は、汽車で雪国へと向かっていた。

汽車の中で、病人の男を見かけ、彼に付き添う恋人のような若い娘に心を惹かれる。ふたりは、島村と同じ駅で降りていく。

島村は妻子持ちでありながら、一年前に初めてこの温泉町に訪れたとき、芸者の駒子と出会い、親密な関係になる。島村は、駒子が芸者になったのは、駒子の踊りの師匠の息子であり許嫁の「行男」の治療費を稼ぐためだと聞いたが、駒子はそれを否定していた。

死期が迫っている行男には、甲斐甲斐しく看病をしてくれる葉子という新しい恋人がいた。その行男こそ、島村が汽車の中で出会った病人であり、付き添っていた若い娘が葉子だった。

島村は温泉宿に何度か長期滞在し、駒子と惹かれあうが、島村には東京に妻子もいるし、駒子と生活を共にしようとは思っていなかった。

そんな中、温泉宿がある村で火事が起きる……。

 

雪国ってどこのこと?

20171018-shiranakatta-yukiguni-kawabata-yasunari3

 

そもそもトンネルを抜けた先にある雪国ってどこなんだろう?と思ったことありませんか?

実は『雪国』の舞台は、新潟県の南魚沼郡にある湯沢温泉がモデルになっています。

そうなんです、『雪国』って、温泉町のお話なんですね。

(私も読むまでは、温泉町の話だなんて知りませんでした!)

湯沢町の歴史民俗資料館「雪国館」では『雪国』の解説の展示や『雪国』をテーマにした日本画、ヒロイン駒子の部屋を再現したスペースなど『雪国』に関する様々なものが展示されているそうです。

また、川端康成の着用していた着物や、使っていた文房具などが展示されているんだそうですよ。

小説を読んで、舞台となった場所に行ってみる、というのも楽しみ方のひとつですよね!

それでは、川端康成はどうして湯沢温泉をモデルに『雪国』を執筆したのでしょうか?

 

『雪国』はどうやって書かれたのか?

20171018-shiranakatta-yukiguni-kawabata-yasunari2

 

川端康成は、実際に湯沢町の旅館を訪れており、その経験をもとに『雪国』が執筆されました。

駒子にもモデルがいます。『雪国』は川端康成の体験が色濃く出ている作品なのかもしれません。

川端康成は、モデルとなった旅館「雪国の宿 高半」に昭和9年から昭和12年にかけて滞在し、『雪国』を執筆しました。現在、建物は建て替えられてしまいましたが、執筆活動を行った「かすみの間」は、今も展示室に移され、保存されています。

また、現在は長編小説として一冊にまとめられている『雪国』ですが、最初は複数の雑誌に、各章が連作として掲載されていました。そこに、書下ろしを加えて、単行本として発行。その後、続編がまた各雑誌に掲載されました。

それらをすべてまとめたものが、今私たちが読んでいる、長編『雪国』なんです。

 

つまり『雪国』とは、新潟県南魚沼郡の湯沢温泉をモデルに書かれたお話。

妻子持ちでふらふらと自由に暮らす島村が、温泉町で出会った芸者の駒子の純粋さに惹かれていく物語です。

とても静かなお話で、島村が湯沢温泉を訪れる⇒駒子と再会する⇒駒子のことを純粋でいい子だなぁと思う、というのが大きな流れになっています。

 

『雪国』で起こる大きな事件は二つ

20171018-shiranakatta-yukiguni-kawabata-yasunari4

 

そんな静かなお話『雪国』にも大きな事件が二つ起こります。

 

1.病気だった行男が死ぬ

行男が死んだのは、島村が東京へ帰る日のこと。駒子が駅まで送ってくれることになり、ふたりで駅に向かっている最中に、葉子が行男の危篤を知らせに来ます。

この時の駒子はある行動に出ます。最初は「え? どうして?」と思いましたが、読んでいくと、駒子の行動は、わからなくもないな……と思わず唸りました。どうすれば後悔しないのか、というのは答えが出ないものですよね。

駒子の感情の描写がとても素晴らしいです。

 

2.村で火事が起きる

火事になったのは、映画の上映会場になっていた小屋でした。火事を聞きつけた島村と駒子は、火事の現場に駆けつけます。

この時の、島村と駒子の会話がもどかしいのです。惹かれ合っているのは確かなのですが、ともに生きる未来を描けないふたり。その想いが、ひしひしと伝わってくるシーンです。

また、この日は天の河がきれいに見える夜。
天の河と冬の村の描写はとても美しく、映画を観ているような気持ちになります。

火事が起こっているというのに、島村と駒子だけ、どこか浮世離れしているような雰囲気すら感じる幻想的な場面です。

 

とにかく美しい『雪国』の世界

20171018-shiranakatta-yukiguni-kawabata-yasunari6

 

川端康成の小説は、淡々としていますが、会話や描写のひとつひとつがとにかく美しく、真っ白な雪国を描くのにぴったりの言葉を使っている、という印象でした。

 

ちなみに冒頭は「夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。」と続きます。

 

この雪国の美しさを、ぜひ読んでみてくださいね。

 

今回ご紹介した書籍
雪国川端康成(著)

 

川端康成など、日本が誇る文豪たちの名作文学作品を集めました。
これを機に、気になっていた文学を読んでみるのもオススメです!