ブックオフオンラインコラム
ブックオフオンライントップへ
ブックオフオンラインコラム > 本に出会う > 文学小説 > 千原ジュニアさんの自伝的小説『14歳』あらすじ

千原ジュニアさんの自伝的小説『14歳』あらすじ


20170531-14sai1

14歳
千原ジュニア(著)
幻冬舎
発売日:2009/07/17

 

 

 

あらすじ・本内容

20170531-14sai3

14歳の少年は学校へ行けなくなり、家に引きこもった。焦りや不安で過ごす毎日。
「普通」であることを求める親は、息子を理解できない。孤独の中で少年を理解して慰めたのは祖母だけ。
そんなある日、兄から1本の電話が来る。

 

千原ジュニアさんの自伝的小説

『14歳』を書いたのは、お笑い芸人の千原ジュニアさんです。これは自伝的小説であり、千原ジュニアさんが実際に経験されたことが元になっています。
2009年にはテレビドラマ化され、放送後に大反響を呼びました。
たくさんの人を笑わせ、よくしゃべる千原ジュニアさんにこんな過去があったのか⋯と驚愕させられます。

 

多感な14歳という年齢で学校へ行く目的がわからなくなり、親に理解されずに引きこもって苦しむ少年が、泣いて暴れて壁を壊す。

奇をてらったような書き方でもなく、派手に盛るのでもなく、ストレートな感情をそのまま書いたことが読者の心にストレートに届いたのか、大ベストセラーになりました。

20170531-14sai4

とても重いテーマですが、救いとなるのが少年を理解してくれた家族の存在です。
「何も変わっていないのにね」と言って傍にいてくれたおばあちゃん。お笑いの世界に誘ってくれたお兄さん。
引きこもりの子供には、理解してくれる大人が傍にいるかどうかで将来が変わってくるのだろうなと考えさせられます。

後になって千原ジュニアさんが「人生で一番知られたくないことを書いた」と言っています。
ですが、この本は悩んでいる若い人や、悩む子供を持つ親の心を、共感や感動で震わせてくれるでしょう。

 

今回ご紹介した書籍
14歳
千原ジュニア(著)、幻冬舎

 

今回ご紹介した『14歳』は、芸人の方が「書いた」作品ですが、芸人の方が「読んだ」本もおすすめです!