ブックオフオンラインコラム
ブックオフオンライントップへ
ブックオフオンラインコラム > 生活・暮らし > 掃除術 > 大掃除を家族と効率的に進める計画・スケジュールの立て方

大掃除を家族と効率的に進める計画・スケジュールの立て方


年末は1年の汚れを落とすために大掃除をするご家庭が多いでしょう。家中をきれいにするには計画的に進めないと、大晦日にバタバタしてしまうかもしれません。

ファミリーなら、家族みんなで分担して効率よく大掃除を済ませるためにも、まずは計画を立てておきましょう。

今回は大掃除をどういう順番で行うか、どのように分担するかについてご紹介しますので、参考にしてくださいね。

 

大掃除の計画を立てるメリット

大掃除に取りかかる前に計画を立てておくと、効率よく掃除が進み、気持ちよくお正月を迎えることができますよね。計画を立てるメリットには以下のようなものがあります。

 

【掃除が必要な場所が把握できる】

限られた時間内で家の大掃除をするのですから、どこを掃除するか最初に決めておきましょう。

家の中には普段からきれいにしている場所もあり、大掃除としてあえて掃除をしなくてもよい部分もあります。しかし、大掃除の時期くらいしか念入りに掃除をしない部分もありますので、そのような場所は忘れずに掃除をしておきたいものです。

計画を立てるときに絶対掃除すべき場所をリストアップしておけば、漏れてしまうこともありません。

 

【掃除にかけられる時間の見当がつく】

大掃除は日数をかけて少しずつ進めたい人もいれば、短期集中で終わらせたい人もいるでしょう。

掃除にどのくらいの時間をかけられるか計画をしておけば、順番に効率よく進めることができます。
また、大掃除はどの場所にどのくらいの時間がかかるか考えながら計画を立てておくことも大切です。そのようにすれば予定通りに終わらせることができるでしょう。

 

【分担を決められる】

大掃除を一人でこなすのは大変です。家族全員で協力しあって掃除ができるように、分担を決めましょう。

たとえば高いところの掃除はお父さん、窓ふきは子どもなど、それぞれに合う役割を担うことによって、家族が団結して大掃除に取り組むことができます。子どもたちも無理のないお手伝いを任されることで、大掃除という年末恒例の行事を楽しみながら取り組むことができますよ。

 

大掃除の順番と、判断基準の例

大掃除は順番を考えながら行うと効率的に進めることができます。どの場所を早めに掃除したらよいかご紹介します。

 

【まずは不用品の処分をしておこう】

掃除を始める前に、まずやっておきたいのが不用品の処分です。いらないものは、来年まで持ち越さずに今年のうちに処分しておきたいですよね。最初に不用品を処分すると、片付けや掃除が楽になります!

大型ゴミの場合は、収集の手配をして引き取りに来てもらわなくてはいけません。年末が近づいてから慌てても年内の収集が間に合わない可能性もあるので、早めに処分をしておきましょうね。

 

また、お子さんのおもちゃがどんどんたまってしまう家庭も多いのではないでしょうか。定期的に処分しなければ、おもちゃがどんどんたまってしまい、収納に困ることになるかもしれません。

大掃除の時期は、お子さんと一緒にどれを残すか決めるちょうどよい機会です。
まだ使えそうなものは誰かに譲ったりリサイクルに出したりするのもよいですし、不用品として処分するなら年内のゴミ回収日までに片付くよう、早めに選別しておくのがおすすめです。

 

【面倒な水回りの掃除は早めに済ませる】

大掃除の中で面倒なものといえば、水回りではないでしょうか。頑固な油汚れと格闘しなくてはいけないガスレンジや換気扇、カビが気になる風呂場などは掃除に時間がかかります。

油汚れを落とすには、最初に洗剤をつけおきしておくと汚れが落ちやすくなり、効率よい掃除ができます。洗剤につけておく間に他のところを掃除しておけば、時間をムダにすることもありません。

台所は毎日使うので、せっかくガスレンジをピカピカにしてもまた油汚れがついてしまいますが、早い時期に念入りに掃除をしておけば、その後はこまめに汚れを取ることできれいな状態をキープできます。
大晦日に掃除をしようなんて思っていると、結局時間がなくてきれいに磨けなかったということになりかねません。汚れが目立つ部分は、できるだけ早い時期に掃除をしておくようにしましょう!

 

【掃除は上から下、奥から手前が基本】

部屋を掃除するときは、上から下に掃除するのが基本です。

照明器具や本棚の上など、日ごろあまり掃除をしない部分はホコリがたまっています。掃除をするとホコリが落ちてきますので、まず高いところのホコリを掃除するところから始めましょう。

 

床など低い部分の掃除は子供にもできます。
子供は大人のように手際よく掃除ができないかもしれませんが、家族の一員として役割を果たすことで達成感を得ることができるはずです。

お母さんは自分で掃除した方が早くてきれいになるかもしれませんが、少しでもいいので子どもにお手伝いをさせてはいかがでしょうか?

また、奥から手前に掃除をすると効率よくホコリを掃くことができます。そのため複数の部屋を掃除するときは、玄関より遠い部屋から順番に掃除をすると効率的がいいですよ。

部屋の中の掃除なら、クローゼットの中から掃除を始めるようにしましょう。

 

【年末にこだわらず秋にスタートするのもおすすめ】

大掃除というと年末というイメージがありますよね。1年の汚れを一掃して新年を迎えたいという人が多いでしょう。

そんななかで、水回りの掃除からベランダ掃除、窓や網戸の拭き掃除など、寒い中で水を使う大掃除はなかなか大変です。そのため12月にこだわらずに秋ごろから大掃除を始めるという方法があります。

秋に大掃除をしても年末までには多少汚れてきますが、一度大掃除をしているので軽く掃除をするだけでもきれいな状態になります。夫婦共働きで大掃除にあまり日数をかけられない人は、秋に一度大掃除をしておくことで、年末は余裕を持った掃除計画が立てられるでしょう。

 

【大物の洗濯は早めにスタート】

普段あまり洗濯しないカーテンも、年末にはきれいに洗いたいですよね。この他にもキッチンマットやトイレのマット、玄関マットなど、清潔に洗ってからお正月を迎えたいものです。

洗濯が必要なものは、あらかじめ計画を立てていても天気が悪くて予定通りいかない可能性もあります。そのため、天気がよい日にあらかじめ洗濯をしておくことをおすすめします。

ベランダがあまり広くない場合、一気に洗うと干す場所に困ることもありますので、カーテンやマット類など大物の洗濯は早めの時期から計画的に済ませておきましょう。

 

大掃除は計画的に進めよう

何かと忙しい年末は急用が入ることもあるでしょうから、余裕を持った計画を立てることが大切です!

お子さんと一緒に掃除をすることで、大掃除が楽しくなるだけでなく、お子さんが掃除の仕方を学んだり、達成感を得たりして、有意義な時間となります。

今年の大掃除は家族みんなで計画的に進めてはいかがでしょうか?

 

どこから始めようか迷った時はこちら!