ブックオフオンラインコラム
ブックオフオンライントップへ
ブックオフオンラインコラム > 本に出会う > 小説(テーマ別) > 木内鶴彦 著書『生き方は星空が教えてくれる』本内容

木内鶴彦 著書『生き方は星空が教えてくれる』本内容


20171031-ikikata-hoshizora1

生き方は星空が教えてくれる
木内鶴彦(著)
サンマーク出版

 

 

 

『生き方は星空が教えてくれる』本内容

本書では、彗星捜索家である木内鶴彦さんの生き方や、彗星に向けた情熱、地球の未来に対する思いなどが語られています。
また木内さんの生き方に大きな影響を与えることになった、臨死体験の話題は衝撃的であり感動的です。

 

臨死体験がテーマ!?

ad4de9c43796a38830dc1d538af1e373_s

『生き方は星空が教えてくれる』は、彗星捜索家として知られる木内鶴彦さんのロングセラーです。本書のページをめくると、彼がいかに星を愛し、そしていかに私たちの住む星、地球を愛しているかということが伝わってきます。

 

木内さんが釣りと結びつけて考え出した軌道計算法、顔も知らないメンバーたちが自然に集ってできた星空観測会、手作り望遠鏡を作って月を観測した子供時代の話など、星好きな人にはたまらないエピソードでいっぱいなのも、本書の魅力の一つと言えるでしょう。

しかし、この本にはもう一つ別な側面があります。それは木内さんの生き方に大きな影響を与えることになった臨死体験をテーマにしているということです。

木内さんは22歳という、人生もこれからという時期に原因不明の激痛で倒れ、医師の死亡宣告を受けます。そして死亡から蘇生後までの30分という時間に驚くべき体験をすることになります。いわゆる臨死体験です。

臨死体験というテーマは、多くの人にとって、最初は突拍子もない話に聞こえるのではないでしょうか。しかし本書を読み進めていくと、驚きを覚えながらも、次第に木内さんの体験に納得してしまう人が少なくないでしょう。

『生き方は星空が教えてくれる』は、木内さんの彗星探索家としての活動や臨死体験に興味がある人はもちろんですが、生き方や将来に悩んでいる若い人たちにもおすすめしたい一冊です。

木内さんは、本書を通じて、「どんな人にでも、その人にしかできないことがあるので迷わずやってみてほしい」「生きていることがどんなに素晴らしいことか実感してほしい」というメッセージを送ってくれているように感じるからです。

 

今回ご紹介した書籍
生き方は星空が教えてくれる
木内鶴彦(著)
サンマーク出版