ブックオフオンラインコラム

ブックオフオンライントップへ

ブックオフオンラインコラム > 本に出会う > 小説(テーマ別) > 『地下街の雨』のあらすじ・内容|宮部みゆき珠玉の短編集

『地下街の雨』のあらすじ・内容|宮部みゆき珠玉の短編集


更新日:2017/7/3

『地下街の雨』表紙

地下街の雨
宮部みゆき(著)、集英社

『地下街の雨』あらすじ・本内容

同僚との挙式が破談になり、傷心のままビジネス街の喫茶店で働き始めた麻子。他人に干渉されない日々を淡々と送っていた麻子に、窓際の席に座る女が突然話しかけ……。

表題作「地下街の雨」のほか、「決して見えない」「勝ち逃げ」など、夢を信じて生きる人々を描く珠玉の短編集。

 

読者の心を動かす短編集

20170703-chikagaino-ame4

『地下街の雨』は、数多くの文学賞を受賞している有名な作家、宮部みゆきさんの短編集です。1998年に著されました。宮部みゆきさんは、短編の名手とも呼ばれています。

人には、心の動きが鈍く感じられるときがあります。動いてはいるけれど、なんとなくぼんやりとして心が重たい感じ。
日常は過ごせているけれど、外の出来事に敏感になれず、表情筋が硬くなっている感じ――。

本書は、心の動きが鈍くなった状況にいる読者の心に、さざ波を立ててくれる、秀逸な短編集です。

 

7つの短編には、ゾクゾクするような不思議な展開、自分の心の奥底にもあるのではないかと思わされる悪意の1粒、静かな情熱などが含まれ、読者の心を刺激する空気がひそやかに流れています。
そこに強引さは存在せず、ひんやりとした風や暖かい風となり、読者の元へ不意に訪れるのです。

本書の作品のいくつかには幻想的な世界観が見られ、ショートショートの大家・星新一さんの作品を好む読者層も楽しめる内容。著者の作品の幅の広さを感じさせる短編集とも言えるでしょう。

どこにでもいるように感じられる、都会の片隅で生きる主人公たち。
性別や年齢を超えて「ひょっとしたら私かもしれない」と感じながらストーリーの中に引き込まれたい人におすすめの短編集です。

今回ご紹介した書籍

地下街の雨
宮部みゆき(著)、集英社

 

ミステリーをはじめ、時代小説やSF作品など、宮部みゆきの作品を紹介した特集はこちら。