ブックオフオンラインコラム
ブックオフオンライントップへ
ブックオフオンラインコラム > 本に出会う > 小説(テーマ別) > 池井戸潤著『ルーズヴェルト・ゲーム』あらすじ・内容

池井戸潤著『ルーズヴェルト・ゲーム』あらすじ・内容


20170614-roosevelt-game1

ルーズヴェルト・ゲーム
池井戸潤(著)
講談社
発売日:2014/03/14

 

 

 

あらすじ・本内容

20170614-roosevelt-game3

監督に見捨てられ、主力選手もいなくなった青島製作所の野球部。かつては名門と呼ばれたが、ここのところ成績は低迷し、創設以来の危機にあえいでいた。
そんな中、会社の経営は傾き、リストラ、監督交代、そして廃部の危機に。
青島製作所と野球部は、この危機を乗り切れるのか…?

 

勝負に挑む男たちの心意気

20170614-roosevelt-game4

本書『ルーズヴェルト・ゲーム』の舞台は、不況にあえぐ中堅企業の野球部です。

バブル崩壊後に日本社会にも浸透した「リストラ」が本書でも扱われていますが、ムダを削ることの意味を考えさせられるところがあります。
企業スポーツはムダの最たるものとされ、不況の中で多くの企業スポーツチームが姿を消しましたが、世の中からムダがなくなったら魅力も失せてしまうのではないか?と思うのです。
著者である池井戸潤氏も、「ほんの少しのムダでいいから、そこに置いておく余裕が欲しい。(中略)そんなところに、人としての、また社会としての懐を感じてしまう」と述べています。

本書のタイトル『ルーズヴェルト・ゲーム』は、「点を取り合い、8対7で決着する試合」という意味。
野球を愛したルーズヴェルト大統領が言った「一番おもしろい試合は、8対7だ」という言葉に由来しているそうです。

そして、本書のおもしろいところは、野球と人生、あるいは企業経営が重ねて語られているところ。人生とは打撃戦、取られたら取り返す逆転劇を起こすだけ、という勝負に挑む男たちの心意気に触れてみてください。

2014年には、本書を原作とした同名のテレビドラマが唐沢寿明さん、江口洋介さん、檀れいさんら豪華キャストにより放映されました。

 

今回ご紹介した書籍
ルーズヴェルト・ゲーム
池井戸潤(著)、講談社