ブックオフオンラインコラム
ブックオフオンライントップへ
ブックオフオンラインコラム > 本に出会う > 趣味・実用 > 紅葉シーズンの城跡・お寺巡りは「図解本」を持って楽しもう!

紅葉シーズンの城跡・お寺巡りは「図解本」を持って楽しもう!


もうすぐ紅葉シーズンですね。

私は紅葉シーズンになるとよくお寺や城跡などの史跡に行きます。古建築✕紅葉のマッチングがまた格別なんですよね~。お寺や城跡本来の魅力も引き立つというものです。

私と同じく、紅葉シーズンに史跡に行くという方も多いのではないでしょうか?

そこで今回はお寺と城跡めぐりにスポットをあて、旅のお供に最適な本をご紹介します。

 

仏像を知ればお寺がもっと楽しめる!

お寺に行ったらぜひとも注目したい仏像。どこのお寺にも仏像はありますが、仏像にはいろんな種類があります。

「釈迦如来」「文殊菩薩」「十一面観音」などの仏像名を聞いたことがないでしょうか? これらは仏像の中での格式や役割などがそれぞれ違っているんです。

ですが、外見を見ただけでは「けっこう似ていて見分けがつかない……」という方も多いでしょう。
でも大丈夫。特徴を知っておけば見ただけで見分けられるようになるんです!

 

『仏像図解新書』表紙

仏像図解新書
石井亜矢子(著)、岩崎隼(画)
小学館

最初のうちはガイドブックを見ながら実際の仏像を拝観するのがオススメ。そのためにご紹介したいのが小学館101新書の『仏像図解新書』です。

「如来」「菩薩」「明王」など仏像が区分ごとに図解で紹介されているほか、拝観できる代表的なお寺も紹介されていますので、実際にお寺に持っていって仏像拝観をしながら特徴を知ることができます。

 

また、「千手観音像は手が千本あるわけじゃない?」「なんで不動明王は怒っているの?」「仏像独特のポーズや座り方の違いにも意味がある?」など、仏像を見ていてわいてくる素朴な疑問も解説を読めばまるわかり。

「わかれば、面白くなる」のは仏像も一緒です。持ち運びにも便利な新書サイズなので、ぜひ旅のお供に持っていってみてください。

 

城は「使っていた当時のこと」を知ると面白い!

さて、お寺と並んで、紅葉が楽しめるところも多いのがお城。

日本にはかつて3万~4万もの城があったと言われ、現在はそのなかのいくつかが観光地化されて親しまれています。お城の楽しみ方は様々ですが、お城が建てられた時の構造や目的を知っているとより楽しむことができます。

 

お城は元々軍事目的で作られることがほとんどでしたから、「いかに攻めにくくするか」を意識して作られています。

建物が残っているところはイメージしやすいかと思いますが、すでに建物が残っていなくても、「大手門跡」「辰巳櫓跡」などと説明看板が立っているところにかつて建物があったことを想像してみてください。
そこには構造の工夫やいろんな仕掛けがあるんです。

 

『城と縄張り 全国100城』表紙

城と縄張り 全国100城
オフィス五稜郭(編)、双葉社

そこでオススメしたいのが、江戸時代のお城の絵図が掲載されている『城と縄張り 全国100城』。

創建当時を偲ぶ手助けになるのが在りし日の姿を描いた絵図です。

「昔はここにお堀があったんだ!」「こんなところに門があったとは!」「ここからこう弓矢を打って敵の侵入を防いだのか!」など、「当時の使われ方」がわかると城巡りがより楽しくなるはずです。

 

蛇足ながら、さらに「なぜそうなっているか」に興味がわいてきたら、その城の歴史を調べてみるのもオススメです。

これは現地に行くと入手できるパンフレットや案内板でも知ることができますが、城別の歴史をわかりやすくまとめてある本もあります。

 

『オールカラーでわかりやすい! 日本の城』表紙

オールカラーでわかりやすい! 日本の城
中山良昭(著)、西東社

個人的なオススメは『オールカラーでわかりやすい! 日本の城』です。

全国の有名なお城が少しずつたくさん紹介されていて、カラー図解や写真も豊富なので、入門書としてもピッタリです。お値段がお手頃なのもうれしいところ。

 

お城ファンの中には、城に行くときは必ず絵図を持っていくという人もたくさんいます。
あなたも絵図が掲載されている本を片手に、歴史上の人物になった気持ちで城跡散策をしてみませんか?

 

お寺やお城の本を持っていって旅をもっと楽しもう

紅葉シーズンは渓谷や山で紅葉狩り――というのも乙なものですが、お寺やお城に行くなら、ぜひ紅葉と併せて、お寺やお城そのものももっと楽しんでしまいましょう。

図解が豊富な本は眺めているだけでも予備知識がつくのがうれしいところ。

行く前に目を通してワクワクを膨らませたうえで、ぜひ現地にも本を持っていって、解説を見ながら仏像や城跡をもっともっと楽しんでください。

【関連記事】休日は「明治」を散歩しよう!東京の地図に隠された歴史の秘密

 

今回ご紹介した書籍

仏像図解新書
石井亜矢子(著)、岩崎隼(画)、小学館

城と縄張り 全国100城
オフィス五稜郭(編)、双葉社

オールカラーでわかりやすい! 日本の城
中山良昭(著)、西東社