ブックオフオンラインコラム
ブックオフオンライントップへ
ブックオフオンラインコラム > 本に出会う > 少女コミック > さくらももこ『ちびしかくちゃん』が凄い|『ちびまる子ちゃん』セルフパロディ作品

さくらももこ『ちびしかくちゃん』が凄い|『ちびまる子ちゃん』セルフパロディ作品


ちびしかくちゃん

2017年9月、さくらももこさんが自身の代表作『ちびまる子ちゃん』をセルフパロディ化しました。
その名も、『ちびしかくちゃん』。ご存知ですか?

 

この記事では、『ちびしかくちゃん』の気になる内容に迫ります!

 

顔の四角い「しかくちゃん」とは。

ちびしかくちゃん

『ちびしかくちゃん』
さくらももこ(著)、集英社

かわいい顔して閲覧注意!!!
※本作にはブラックユーモアが含まれています。

ちびまる子ちゃんだと思ったら大間違い!! byだまえ

『ちびまる子ちゃん』作者 セルフパロディ漫画!!(1巻帯より)

 

集英社のグランドジャンプで連載された『ちびしかくちゃん』。

本作の主人公は「まる子」、ではなく「しか子」。顔が四角く、常に眉毛はハの字、気弱でとにかくドジという性格で、本家のまる子とは全くの別人となっています。

とにかく四角い顔と同様、何かと角が立つのがこの『ちびしかくちゃん』。強烈なブラックユーモアと、強烈なキャラクターたちが地味~にこの世界を盛り上げます。
基本的にしか子が報われることはないので、理不尽なことや悪口、嫌味などに耐性がない方にはおすすめしません。多分落ち込みます……。

 

ちなみにこちらは本家『ちびまる子ちゃん』1巻の表紙です。

ちびまる子ちゃん

『ちびまる子ちゃん』
集英社

表紙が既に完璧なパロディですね。
本家の表紙では、駄菓子屋のおばちゃんに向かってまる子が「おばちゃーん くーだーさいっ」と明るい表情で言っているのですが、『ちびしかくちゃん』の表紙では「あの…私ですいません…」となんとも後ろ向きな発言。

では、しか子の家族やお友達はどうパロディ化されているのでしょうか?

 

パロディされたキャラクターの個性が強すぎる

■家族は全員四角い

しか子の家族は、しか子同様全員が四角い顔をしています。そりゃもう四角です。四角い顔という理由だけで馬鹿にされることもあるのです。

しかし、同じ形の顔をしているからと言って性格が同じというわけではありません。
かんしゃく持ちっぽい母や姉、おばあちゃんに、無責任極まりない父、優柔不断でさほど優しくないおじいちゃんなど性格はそれぞれ。最終的にはしか子が責められ、怒られることが多いので、しか子の眉毛は下がる一方です。

 

■友達も強烈に……

しか子の一番の友達はクラスメイトの「だまちゃん」。よーく文字を見てください。「たまちゃん」ではなく「“だ”まちゃん」ですよ~……。

髪型と服装こそ同じですが、優しいたまちゃんはどこへやら。だまちゃんはいかにも性格の悪そうな顔をしており、その顔の通り性格が悪いのです。常にしか子をののしり鼻で笑います。そして突然謎のブチ切れ……。衝撃的すぎます。

なぜこんな性格のだまちゃんとしか子が友達なのかは謎ですが、それでも一緒にいるのです。(100のうち97が毒でも、3くらいは優しかったりするんですけどね。3だけですけど

 

だまちゃんの他にも、『ちびまる子ちゃん』でおなじみのキャラクターが多数パロディ化されています。

たとえばお金持ちなナイスガイ・花輪君も、『ちびしかくちゃん』の世界では「ぱなまくん」。金持ちを鼻にかけ、それはもう嫌味度が増しています。

他にも、とにかく性格が悪いという永ざわ君(永沢君のパロディ化)や、本当に卑怯だという藤水君(藤木君のパロディ化)など、もともと性格が悪いやつはさらに性格が悪くなり、もともと変なやつはもっと変になっているのです。なんと、作者のさくらももこさんが自身のブログで「しょうもない人が大勢出てまして」と語るほど。

 

「しか子」と「まる子」を 読み比べてみると面白い!

本作は『ちびまる子ちゃん』の完全なアナザーワールドなのに、「実は本家のキャラクターたちの本性はこうなんじゃない……?」と思わせるところはさすが。さくらさんの描く力が光る作品です。

 

冒頭にも書きましたが、理不尽、悪口、嫌味などに耐性がない方にはおすすめしません。

ですが、もし大丈夫な方ならぜひ一度読んでみてください。しか子とまる子の対比が非常に面白く描かれています。
自分の好きなキャラクターがどうパロディ化されているのか? 『ちびしかくちゃん』と『ちびまる子ちゃん』を読み比べてみるのも楽しいですよ。

 


今回ご紹介した漫画

ちびしかくちゃん
さくらももこ(著)、集英社

ちびまる子ちゃん』はこちら


 

玉ねぎ頭のアイツが中学生になった!