ブックオフオンラインコラム
ブックオフオンライントップへ
ブックオフオンラインコラム > 本に出会う > 大人コミック > iko(著)『テラモリ』の魅力|スーツの知識も増えるお仕事ラブコメ漫画

iko(著)『テラモリ』の魅力|スーツの知識も増えるお仕事ラブコメ漫画


皆さんは、小学館の裏サンデーで連載されている『テラモリ』という漫画をご存知ですか? スーツ男子好きだったら、絶対読むべき作品ですよ〜!

今回はこの漫画のことを知ってもらうべく、4つの魅力をご紹介します!

 

『テラモリ』ってどんな漫画?

『テラモリ』
iko(著)、小学館

大学生活を謳歌しようと、高宮陽はアルバイトの面接に向かっていた。
ところがお店の前にきて腹痛になってしまい、隣にあるスーツ屋でトイレを借りることに。そのトイレの壁に貼られたアルバイト募集の張り紙を見た陽は、高い時給に釣られスーツ屋「テーラー森」でアルバイトすることを決意する。

 

『テラモリ』は、バイト未経験の主人公・陽がスーツ屋で働く中で成長していくお仕事漫画です! そして、恋のエピソードも描かれるラブコメディ作品でもあります。

2017年12月現在、小学館が配信しているWEBコミックサイト「裏サンデー 女子部」で連載中。「このマンガがすごい! WEB(宝島社)」の”スーツ着こなし男子” 1位を受賞した話題作です。

 

わたしがこの漫画と出会ったのはWEBコミックサイトでしたが、「普段なんとなく着ているスーツの知識が増えて、しかもスーツ萌え!?」と、すぐに全巻集めようと決めました。

 

『テラモリ』の魅力その1
スーツ屋の裏側を見られる!

わたしが思う『テラモリ』の魅力の1つは、日頃スマートに接客しているイメージのあるスーツ屋の裏側を垣間見られることです。ちなみに「テーラー」とは、紳士服の仕立て屋のこと。
実際にスーツ会社で働いていたというikoさん。本作ではスーツ屋のリアルな事情が描かれています。

 

陽は高時給という理由からテーラー森でアルバイトを始めますが、スーツ屋は覚えることがたくさん!

掃除、接客に始まり、バックヤードでの作業もこなさなくてはいけません。ネクタイ、シャツ、ジャケット、靴のことなどもひとつひとつ覚えなくてはいけないため、陽は仕事が終わるころには魂が抜けげっそり……。

もちろん、オススメの商品が売れたときや接客がうまくいったときの喜びなど、アパレル業界で働いているからこそ感じられる楽しさも描かれていますよ。お客様に思った通りに商品をおすすめできて、しかも買ってもらえたら嬉しいですよね。

 

『テラモリ』の魅力その2
スーツの知識が増える!

読者にとって嬉しいのは、スーツに関する知識をイラストで分かりやすく説明してくれるところ。難しい言葉も並びますが、何気なく着ているスーツに関する知識が増えるのは魅力的です。

もちろんスーツだけでなく、ネクタイやネクタイピン、靴、カフスボタンのことなども教えてくれます! 日頃スーツを着ないという方でも、プレゼント選びなどにも役立ちますのでぜひ一読を。

 

『テラモリ』の魅力その3
主人公・陽の成長

主人公・陽はとにかく表情が豊かです。

隣のコマなのに全く別人のように喜んだり悲しんだり、デフォルメされすぎてキノコのようになってしまうことも。仕事で右往左往して疲れきっている様子を、平尾には「ゾンビ」と呼ばれてしまいます。
わたしが個人的に好きな陽の顔は、『北斗の拳』のような濃くて凛々しい顔をしているときですね!

 

始めは接客が嫌で、掃除をずっとしていたりバックヤードに逃げていた陽ですが、持ち前の負けん気の強さと、平尾をはじめとする従業員たちの助けもあって、徐々にお客様やスーツのことを真剣に考えるようになり成長していきます。

厄介なお客様に悩まされる場面など、接客業・アパレル業界で働いたことが一度でもある方なら、きっと共感するところが多いのではないでしょうか?

読者も気付けば、何事にも必死に取り組もうとする陽のことをいつの間にか応援していることでしょう。

 

『テラモリ』の魅力その4
気になる恋の行方!

魅力4つ目は、ドキドキの恋模様。最初はスーツ屋の仕事のことや、平尾の厳しいスパルタ指導を受けながらも成長していく陽が描かれます。

しかし、今まで平尾のスパルタ教育で辞めていったアルバイトが多い中、懸命に仕事に取り組む陽を見て、平尾の気持ちに変化が表れるようになります。

年上社員の花に恋する柳川や、彼女と遠距離恋愛中の朝倉など、他にも気になる恋がたくさん詰まっており、ときにはお客様に声をかけられることも……? どんな結末を迎えるのか、最後まで目が離せません!

 

『テラモリ』をぜひ読んでみて!

シリアスなシーンもありますが、基本的にはコメディ要素が強いため、わたしは電車の中で読んだ際に笑いをこらえられませんでした。

お仕事について知れて、恋愛要素もあり、しかも笑える漫画は数少ないのでなないでしょうか? ぜひ読んでみてくださいね!

 


今回ご紹介した漫画

テラモリ』iko(著)、小学館


その仕事だからこそ味わうことのできる楽しさや、大変なお仕事があるんです……!