ブックオフオンラインコラム
ブックオフオンライントップへ
ブックオフオンラインコラム > 本に出会う > ミステリー小説 > 森博嗣著書『詩的私的ジャック』M&Sシリーズ4作目!

森博嗣著書『詩的私的ジャック』M&Sシリーズ4作目!


20170902_shiteki_shiteki_jack1

詩的私的ジャック
森博嗣(著)、講談社
発売日:1997/01/05

 

 

 

『詩的私的ジャック』あらすじ

那古野市内にある大学構内で立て続けに全裸の女子大生の遺体が発見された。遺体には謎の傷が残されており、捜査線上にはN大学に在籍する結城稔が浮上する。彼はロック歌手でもあり、発表された歌詞と殺人の状況が類似していたからだ。
大学3年生である西之園萌絵と、結城の担当教官を務める犀川創平が事件に挑むことになるが…!?

 

詩的な文章の理論的なミステリー

20170902_shiteki_shiteki_jack2

『詩的私的ジャック』は、森博嗣氏による推理小説・S&Mシリーズの第4作目にあたる作品。S&MシリーズはN大学を舞台として大学助教授・犀川創平と女子大生・西之園萌絵の師弟コンビが殺人事件に挑むミステリです。好奇心旺盛でさまざまな事件に首をつっこむお嬢様キャラの萌絵と萌絵に巻き込まれる形で事件に関わる犀川先生というおなじみの構図で本作でも密室事件に関わっていきます。

デビュー作である『すべてがFになる』からスタートしたシリーズは、理系要素がつまったトリックと登場人物の哲学的・抽象的な思考がいたるところに散りばめられているのが特徴。
その中でも本作は特に詩的な表現が多く登場人物のセリフがカッコ良いのが魅力で、キャラクターのユーモアのあるやりとりが面白い作品です。

トリックに工学の専門的な知識が生かされているのは元大学助教授であった森氏ならでは。犯人の狂気や殺人の動機には戦慄しますが、論理的かつ明快な文章であっさり読めてしまうのが本作の魅力です。

シリーズ第一作である『すべてがFになる』は2014年に綾野剛さん(犀川創平役)、武井咲さん(西之園萌絵役)でドラマ化されました。彼らをイメージして読んでも面白いかもしれません。

犀川先生の卓越した推理も圧巻ですが、萌絵の成長ぶりが見えるのも楽しい本作。シリーズでチェックするのがおすすめです。

 


今回ご紹介した書籍

詩的私的ジャック
森博嗣(著)、講談社

S&Mシリーズはこちら


→【初心者向け】初めてでもハマる! 森博嗣のおすすめ小説

森博嗣さんは小説以外にも、エッセイや指南書、児童書など数多くの分野の本を執筆をしています。
ジャンル別にまとめた森博嗣さんの特集はこちら!