ブックオフオンラインコラム
ブックオフオンライントップへ
ブックオフオンラインコラム > 本に出会う > ミステリー小説 > 東野圭吾おすすめ作品ランキングTOP20

東野圭吾おすすめ作品ランキングTOP20


20150909-higashinokeigo-ranking-newtop

2016年もあっという間に半年が過ぎてしまいました。みなさま、いかがお過ごしでしょうか?

今回は、人気ミステリー作家・東野圭吾さんの2016年上半期の売れ筋作品を調べ、ランキングにしてみましたのでご紹介いたします。

ランキングの中には、最新刊からシリーズものまで、東野圭吾ワールドが存分に楽しめるラインナップになっています!

 

1位 ラプラスの魔女

ラプラスの魔女』 / KADOKAWA

元警官の武尾は、羽和円華のボディーガードをしていくうちに、未来を予測できる彼女の特殊能力に気づき疑いを持つ。同じ頃、ある温泉で起きた硫化水素による死亡事故現場で検証に来ていた研究者・青江は円華を目撃する――。

「ラプラス」とはフランスの数学者で、理数ミステリーを得意とする東野氏ならではの常識を覆す空想科学ミステリー!東野圭吾さん80作目の記念すべき作品です。

2位 人魚の眠る家

人魚の眠る家』 / 幻冬舎

小学校受験を控えていた瑞穂がプールで溺れ、「脳死」という残酷な現実が彼女の両親である薫子と和昌に突きつけられる。追い打ちをかけるかのように臓器移植の提供意思を確認された二人は提供することを決心するも、死んだはずの娘の指がわずかに動くのを感じた薫子は、娘の死を受け入れられなくなり――。

薫子がとった行動は、母の愛なのか、それとも狂気なのか……。「脳死」「臓器提供」という難しいテーマで東野さんが愛を問う、感涙ミステリー!

3位  天空の蜂

天空の蜂』 / 講談社文庫

原子炉の上空に現れた爆薬を積んだ超大型ヘリ「ビッグB」。現在、稼働している原子炉をすべて停止させなければヘリを墜落させると、テロリストから要求された政府が出した答えとは――。

テロリストの思惑とは?燃料切れのときがタイムリミット!極限状態での心理戦にハラハラドキドキが止まりません。20年の時を経て映像化されたオススメ作。

4位  禁断の魔術

禁断の魔術』 / 文春文庫

湯川が在籍していた『物理研究会』の後輩にあたる古芝伸吾は、亡くした姉の復讐計画を遂行しようとしていた。くしくも復習計画の道具に用意したものは、湯川が教えた電流と磁界を使った「レールガン」だった。その計画に気づいた湯川は驚きの行動にでる――。

シリーズ初となる全編書き下ろし短編集。人間ドラマも織り込んだ4篇、特に終章は人と科学を愛する者の苦悩を描く!「ガリレオシリーズ」8作目!

5位  白夜行

白夜行』 / 集英社文庫

大阪で質屋の男が殺される殺傷事件が起こったが、事件は迷宮入りしてしまう。それから19年、被害者の息子と、容疑者の娘が歩んだ道とは……。

ドラマや映画にもなった、200万部突破のベストセラー作。800ページを越える長編ですが、2人の絶望の軌跡にページをめくる手が止まりません。

6位  ナミヤ雑貨店の奇蹟

ナミヤ雑貨店の奇蹟』 / 角川文庫

少年3人が忍び込んだ廃屋は、あらゆる悩み相談が“手紙”でできる不思議な雑貨店だった。過去と現在(いま)の時空を越え、人生の岐路に立つ人々を救ってきた雑貨屋が、最後に起こした奇跡とは?

人の温かさ、絆を教えてくれる、ちょっと不思議で切なくもある感動のミステリー&ファンタジー!

7位  祈りの幕が下りる時

祈りの幕が下りる時』 / 講談社

演出家の浅居博美のもとを訪ねた押谷直子が葛飾区のアパートで遺体となって発見された。直子は殺害現場のアパートの住人・越川とは接点がなく、捜査の手は博美のもとにも及んだが博美と越川との間にも接点はなく捜査は難航した。捜査に当たった松宮たちは、事件同日に近くでホームレスの焼死体が見つかり、それが越川だと突き止めた――。

人は極限状態に陥るとどうなってしまうのか?夢掴んだ女性演出家の愛の悲劇、人生とは……。「加賀恭一郎シリーズ」10作目!

8位 カッコウの卵は誰のもの

カッコウの卵は誰のもの』 / 光文社文庫

オリンピックのスキー選手だった緋田宏昌の娘・風美。父親の血をひいたかのようにスキーヤーとして成長した彼女はなんと実の子ではなかった。親子に秘められたDNAの謎とは――。

血の繋がりはないけれど、心の繋がりが見え、親子の絆と切なさを感じます。

9位  夢幻花

夢幻花』/ PHP研究所

大学生・秋山梨乃の祖父・秋山周治が何者かに殺害された。警察は強盗殺人とみるも、祖父が大切に育てていた黄色い花がなくなっていることに気づいた梨乃は、ブログに写真をアップする。推測した通り、すぐにメールがきたが、その男から「あの花には関わらないほうがいい」と忠告を受ける――。

禁断の花をめぐった人間ドラマが交差する、第26回柴田錬三郎賞受賞作!

10位  マスカレードシリーズ

マスカレードシリーズ』 / 集英社文庫

都内で不可解な連続殺人事件が発生。次の犯行現場として浮上した超一流ホテルへの潜入捜査が決定したが、容疑者やターゲットは不明のままであった――。

潜入捜査に入った新米刑事・新田浩介とホテルのフロントクラーク・山岸尚美のコンビも作品の味を深めています。

11位~20位

11位 『虚像の道化師』 / 文春文庫
12位 『仮面山荘殺人事件』 / 講談社文庫
13位 『虚ろな十字架』 /光文社
14位 『宿命』 / 講談社文庫
15位 『幻夜』 /集英社文庫
16位 『パラレルワールド・ラブストーリー』 / 講談社文庫
17位 『ガリレオの苦悩』 / 文春文庫
18位 『プラチナデータ』 / 幻冬舎文庫
19位 『予知夢』 / 文春文庫
20位 『悪意』 / 講談社文庫

■調査対象期間:2016年01月01日~2016年06月30日

東野圭吾をもっと知りたい方はこちら

東野圭吾さんの作品をまとめました…!
メディア化したものから、すべてそろっています!

東野圭吾全作品を紹介!東野圭吾のすべて