ブックオフオンラインコラム
ブックオフオンライントップへ
ブックオフオンラインコラム > 本に出会う > 絵本・児童書 > シリーズ1作目!J.K.ローリング著『ハリー・ポッターと賢者の石』あらすじ

シリーズ1作目!J.K.ローリング著『ハリー・ポッターと賢者の石』あらすじ


20170607-harrypotter-kenjanoishi1

ハリー・ポッターと賢者の石
J.K.ローリング(著)
静山社
発売日:1999/12/08

 

 

 

あらすじ・本内容

20170607-harrypotter-kenjanoishi4

この物語の主人公は、ぼろぼろの服に壊れた眼鏡をかけた10歳の男の子ハリー・ポッター。意地悪な親戚の家で惨めに暮らしていたハリーですが、11歳の誕生日に自分が本当は魔法使いであることを知らされます。
やがてハリーは魔法界の名門、ホグワーツ魔法魔術学校に入学し、仲間と一緒に魔法を勉強しながら、「賢者の石」にまつわる謎にかかわってゆくのですが……。

 

ようこそ、魔法の世界へ!

20170607-harrypotter-kenjanoishi3

『ハリー・ポッターと賢者の石』は、いわずと知れたハリー・ポッターシリーズの第一作。作者のJ.K.ローリングさんは、魅力あふれる世界観やキャラクターで世界中を魔法にかけました。
このシリーズで世界的作家になるまで、彼女が生活保護を受けるシングルマザーであったこと、物語の設定を「マンチェスターからロンドンに向かう列車の中で思いついた」という話はあまりにも有名です。

物語の魅力はなんといってもそのファンタジックな世界観。
魔法使いのアイテムがなんでも揃うというダイアゴン横丁。洞窟のような金庫までトロッコに乗って向かう魔法銀行。ホグワーツの校舎である城の中には時間によって動く階段や言葉を話す絵画たちがいます。そして恐ろしい生き物が住むという禁じられた森。
どの設定をとっても細かなディティールが緻密に練り込まれていて、まるで本当にこんな世界があるのではないか、と夢見てしまうことでしょう。

一方、この本は設定が素晴らしいだけではありません。ハリーやロン、ハーマイオニーが力を合わせて「賢者の石」の謎を解き明かしていく物語はとてもテンポよく進み、読者を決して飽きさせません。
それだけでなく、全編を通して描かれているのは仲間の大切さや愛の尊さ。些細なセリフにも読者への大切なメッセージがこめられています。

ハリーと一緒にわくわくしながら読み終えた後は、とても温かい読後感を得られること間違いなしの一冊です。

 

今回ご紹介した書籍
ハリー・ポッターと賢者の石
J.K.ローリング(著)、静山社

オトナ買いはこちら

 

ハリーポッターの関連特集はこちら!