ブックオフオンラインコラム
ブックオフオンライントップへ
ブックオフオンラインコラム > 本に出会う > 絵本・児童書 > ロングセラー絵本!モーリス・センダック著『かいじゅうたちのいるところ』

ロングセラー絵本!モーリス・センダック著『かいじゅうたちのいるところ』


20170521-kaijuutachinoirutokoro1

かいじゅうたちのいるところ
モーリス・センダック(著)、じんぐうてるお(訳)
冨山房
発売日:1975/12/05

 

 

あらすじ・本内容

20170521-kaijuutachinoirutokoro4

元気でいたずらっ子のマックスは、ある日オオカミの着ぐるみを着ていたずらをし、そのおしおきとして、夕食抜きで寝室に放り込まれます。
しかし不思議なことに、部屋は海や森のある場所へ変わり、流れてきた舟に乗ってたどり着いたところは「かいじゅうたちのいるところ」。
かいじゅうを怖がらないマックスは、かいじゅうたちの王様になりますが…。

 

『かいじゅうたちのいるところ』は、世界中で約2000万部売れ、著者である現代絵本の重鎮だったモーリス・センダック氏の代表作といわれています。
この作品は1964年、アメリカにおいて最も権威のある児童書に与える賞、コールデコット賞を受賞しました。
1973年に短編アニメ化され、2010年にはスパイク・ジョーンズ監督により実写映画化されています。

 

大人になって、もう一度読みたくなる!

20170521-kaijuutachinoirutokoro3

1928年アメリカのニューヨーク州で生まれたモーリス・センダック氏は、学校でデザインを学んでいました。挿絵をきっかけにイラストレーターになったのち絵本に興味を持ち、自分で絵本を制作するようになっていきます。なんと、生涯で80を超える作品を世に出しました。

絵本の中のかいじゅうは、鋭い目を持ち一見恐ろしい姿をしていますが、マックスと踊り遊ぶ様子はとても楽しそうです。舟に乗って帰ろうとするマックスを止めるかいじゅうに、愛らしさを感じます。
空想世界では王様でも、やっぱりお母さんの待つ場所が恋しくなるマックスの姿には、家族のぬくもりに守られていた自分たちの、小さな頃の姿に重なるようです。

子供の頃ワクワクしながら読んだ人なら、大人になってもう一度読みたくなる一冊でしょう。

 

今回ご紹介した絵本
かいじゅうたちのいるところ
モーリス・センダック(著)、じんぐうてるお(訳)
冨山房

自分が子供のころに読んだ絵本って、大人になって懐かしくなってもう一度読んだりしますよね。
自分の読んだことのある絵本も紹介されているかも?