ブックオフオンラインコラム
ブックオフオンライントップへ
ブックオフオンラインコラム > 本に出会う > コミック(テーマ別) > 時間を忘れて夢中になれる!90年代スポーツ漫画

時間を忘れて夢中になれる!90年代スポーツ漫画


古き良き「スポ根」の時代から、現在まで続く鉄壁のジャンル「スポーツ漫画」。

時代とともに作風やコンセプトが変貌してきたものの、スポーツを通じて描かれる人の成長や人生の学びは不変の魅力です。

かつて青春時代に夢中になったスポーツ漫画をもう一度読み返してみると、また違った感動が味わえるかもしれませんよ。
ついつい読み逃していた名作も、これを機に読んでみませんか?

ここでは、90年代にヒットしたスポーツ漫画5作品をご紹介します。

 

大人気野球漫画
『ROOKIES』

『ROOKIES』表紙

ROOKIES
森田まさのり(著)、集英社

 数ある野球漫画の中でも累計2000万部を売り上げた全24巻の大ヒット作品。原作を読んだことはなくても、ドラマや映画でなじみのあるファンも多いのではないでしょうか?

作者は『ろくでなしBLUES』で知られる森田まさのり氏。
1998年より連載をスタートすると10代を中心に絶大な支持を得ました。

 

新任教師が不良の巣窟となっている野球部の再建に燃えるという、いわゆる「熱血もの」です。

夢や希望を失い、腐っていた部員たちが徐々に目標を見出していく姿に、「現実でもこんな先生がいたらいいのに!」と思わされます。眩しい青春を味わうことができますよ。

国語教師でもある川藤が部員を導くために、偉人の名言やことわざを引用するところにも注目です!

 

最長バスケ漫画
『DEAR BOYS』

『DEAR BOYS』表紙

DEAR BOYS
八神ひろき(著)、講談社

 1989年の連載開始から約27年間で全5シリーズが発表された、バスケットボール漫画史上最長の作品。

過去の暴力事件によって休部状態の高校のバスケットボール部に、名門校の元キャプテン・哀川が転入してくることからはじまります。

続編となる『DEAR BOYS ACT II』『DEAR BOYS ACT3』など、全編さわやかな作風と絵柄で、男女問わず楽しめる作品です。

 

本格的なバスケ漫画としてはもちろん、恋愛エピソードなどの青春ものとしても存分に楽しめます。

シリーズ3作目の『DEAR BOYS ACT II』は、第31回講談社漫画賞の少年部門受賞作。また、2003年には全26話でアニメ化された人気作です。

シリーズ一覧はこちら

 

100巻超えのボクシング漫画
『はじめの一歩』

『はじめの一歩』表紙

はじめの一歩
森川ジョージ(著)、講談社

 1989年の連載開始から2018年7月現在、120巻以上発売されている長寿作品『はじめの一歩』。

第15回講談社漫画賞の少年部門受賞作。2000~2002年、2009年、2013年と3回にわたってテレビアニメ化されています。

 

ボクシング漫画の元祖ともいえる『あしたのジョー』が、フダつきの不良少年を主人公としていたのとは違い、この作品の主人公は、心優しく謙虚ないじめられっ子の少年・一歩。

不器用ながらも屈指の努力で頭角を現していく姿が読者の感情移入を呼ぶのではないでしょうか。

ボクサーとして強者となってもその愛すべきキャラクターは変わることはありません。

ボクサー界のサラブレッドで永遠のライバル・宮田をはじめ、脇を固めるキャラクター1人1人との関係性やドラマからも目が離せないでしょう。

 

本格テニス漫画
『ベイビーステップ』

『ベイビーステップ』表紙

ベイビーステップ
勝木光(著)、講談社

2007年から10年間連載、全47巻をもって終了した本格テニス漫画。

成績優秀でマジメ一徹の優等生・丸尾栄一郎が、運動不足の解消にと気軽な気持ちで始めたテニスにはまり、プロを目指すようになるという展開です。

 

とくに才能を持ち合わせていない超初心者を主人公に据えるのは、スポーツ漫画によくある傾向です。

しかしそんな栄一郎を支えるのは「エーちゃんノート」の存在。
このノートに試合やトレーニング内容、自分分析などを事細かにビッシリと記録することで、コツコツと成果を積み上げていくのです。

作者がテニス経験者ということもあり、競技についての描写はかなり本格的。プロテニスプレイヤーの錦織圭氏や松岡修造氏も愛読しているそうですよ。

 

ファン必見の格闘漫画
『修羅の門』

『修羅の門』表紙

修羅の門
川原正敏(著)、講談社

1987年に開始した武術漫画。一度は無期限休載なったものの、2010年に『修羅の門 第弐門』として再開。
足かけ28年、全49巻にて幕を引いた渾身の作品です。

1990年には、第14回講談社漫画賞の少年部門で受賞しました。

 

千年不敗を誇るという古武術の継承者・九十九が主人公。

フルコンタクト空手や柔術、ボクシングなど、さまざまな現代格闘技と古武術がぶつかるという、格闘技ファンには垂涎の物語です。

主人公・九十九の最終目的は、人を殺すこともできるほど最強の武術を終わりに導くというものなのですが……。果たしてその目的は達成できるのでしょうか!?

 

「スポーツっていいね!」を疑似体験

 

スポーツを通じて得られる学びや成長、喜びは計り知れません。

しかし実際に体験するとなると、練習やトレーニングが必要です……。なかなか時間が取れない人も多いのではないでしょうか。

漫画を通じて、スポーツを疑似体験してみては?

 

今回ご紹介した漫画

ROOKIES
森田まさのり(著)、集英社

DEAR BOYS
八神ひろき(著)、講談社
シリーズ一覧はこちら

はじめの一歩
森川ジョージ(著)、講談社

ベイビーステップ
勝木光(著)、講談社

修羅の門
川原正敏(著)、講談社

オススメ スポーツコミック4選

まだまだある!スポーツ漫画の名作が勢揃いした特集はいかがですか?