ブックオフオンラインコラム
ブックオフオンライントップへ
ブックオフオンラインコラム > 本に出会う > コミック(テーマ別) > 懐かしい!名作少女漫画の続編 おすすめ4選

懐かしい!名作少女漫画の続編 おすすめ4選


名作少女漫画の続編

今、名作漫画たちの「続編」が次々と発売されていることをみなさまご存知でしょうか?

今回ご紹介するのは、『花より男子』『ママレード・ボーイ』『クローバー』『グッドモーニング・コール』の数年後を描いた漫画です。

あのハッピーエンドから数年後、ヒロインたちはどうなっているのでしょうか?

ぜひ、みなさまの青春を彩る、名作漫画たちの「続編」をお楽しみください。

 

F4からC5に!
『花のち晴れ〜花男 Next Season〜』

『花のち晴れ〜花男 Next Season〜』表紙

花のち晴れ〜花男 Next Season〜
神尾葉子(著)、集英社

英徳学園からF4が卒業して2年…。F4のリーダー・道明寺司に憧れる神楽木晴は、「コレクト5」を結成し、学園の品格を保つため“庶民狩り”を始めた!! 隠れ庶民として学園に通う江戸川音はバイト中に晴と遭遇し!?(表紙裏)

 

『花より男子』の続編。舞台はF4が卒業して2年後の英徳学園になります。

『花より男子』といえば、TVドラマでもお馴染みの「日本一売れた少女漫画」。
貧乏少女・牧野つくしが、超お金持ちの名門高校である英徳学園に入学し、学園を牛耳る「F4(フラワーフォー)」というチームに立ち向かうラブコメディです。

F4のメンバー(道明寺司、花沢類、西門総二郎、美作あきら)の中で誰と付き合いたい? と、友人と話したことのある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

今作『花のち晴れ』では、F4ではなく「C5(コレクトファイブ)」というグループが結成されています。面白いのは、C5のリーダー・晴の趣味が、F4グッズ収集であること。少々オタク気質なところが笑いを誘います。

また、主人公の音は、まるで牧野つくしのよう。理不尽なことに立ち向かい啖呵を切るシーンは、前作同様スカッとします。

気になる現在のF4も登場しますので、『花より男子』にハマった方なら必読のシリーズですよ。

 

複雑すぎる関係?
『ママレード・ボーイ little』

『ママレード・ボーイ little』表紙

ママレード・ボーイ little
吉住渉(著)、集英社

桐稜大学付属中学に通う松浦立夏。姉・光希と兄・遊はひとり立ちし、同い年の朔と父二人、母二人の6人暮らし。ふつうの家族だと思っていたけど実は結構、複雑みたいで…?(表紙裏)

 

『ママレード・ボーイ』の続編。あのハッピーエンドから13年後が描かれています。

『ママレード・ボーイ』といえば、自由奔放すぎる両親が「パートナーを交換して再婚」することになり、突然6人家族となった小石川光希・松浦遊が繰り広げるラブコメディ。

今作の主人公は、光希・遊ではありません。光希と遊の兄妹である、松浦立夏、小石川朔の姉弟(二人は同級生)が主人公です。そして、名村碧(なっちゃん&茗子の息子)というキャラクターも新しく登場!

大人になった光希と遊、銀太、亜梨実、すずなど、懐かしの面々も登場しますので、『ママレード・ボーイ』世代の方にはぜひ読んでいただきたいシリーズです。

 

あれから3年後の物語
『クローバー trefle』

『クローバー trefle』表紙

クローバー trefle
稚野鳥子(著)、集英社

沙耶と柘植さんの結婚から3年後。オフィスでは、沙耶の同期で「最後の独身」と呼ばれる鈴木妃女子が黙々と働いていた。同じ会社で働く妹・花音は結婚が決まり、柚葉は彼氏が切れないモテ女子だが、妃女子はもう10年彼氏がいない。30歳の誕生日を機に人生を変えようと決意した妃女子は、思いきった行動に──!? 大ヒットコミックス「クローバー」の新章スタート!(表紙裏)

 

『クローバー』の続編。沙耶と柘植さんが結婚してからの3年後が描かれています。

『クローバー』は、ホテル東洋で働く鈴木沙耶と、エリートで冷酷な上司の柘植さんとのラブストーリー。
沙耶は、中学時代の初恋の相手・時和くんのことをずっと忘れられずにいましたが、柘植さんと「(恋の)リハビリ」として交際することになります。

柘植さんのツンデレにドキドキ……こんなオフィスラブがしたい! 読者ならば一度はそう思った方が多いのではないでしょうか?

本書では、沙耶が会社を辞めてからの話が描かれます。主人公は、沙耶の同期・鈴木妃女子。30歳の節目を控え、仕事に恋にプライベートに奮闘する姿には元気をもらえます。

もちろん沙耶や柘植さんも登場するので、ぜひ懐かしい気持ちに浸ってくださいね。

 

ちょっと大人になった2人
『グッドモーニング・キス』

『グッドモーニング・キス』表紙

グッドモーニング・キス
高須賀由枝(著)、集英社

菜緒と上原くんは、中学時代の同居(!?)を経て、現在は大学生で半同棲中の普通のカップル。一緒に住んでる状態のことをもちろんずっと両親に内緒にしていた菜緒だけど、ある日突然、お父さんが部屋に来て…!?(表紙裏)

 

『グッドモーニング・コール』の続編。中学生だった菜緒と上原くんは、本シリーズで大学生になっています。

『グッドモーニング・コール』は、中学卒業を半年後に控えた菜緒が、両親の帰郷に伴い一人暮らしをすることになったものの、悪徳不動産会社の二重契約に引っ掛かり、同級生の上原くんと仕方なく一つ屋根の下で暮らすことになってしまう……というラブストーリー。

高身長、イケメン、頭脳明晰の上原君に、トキメキを覚えたことがある方もいらっしゃるのでは?

続編『グッドモーニング・キス』では、菜緒と上原くんのカップルが、就職やら結婚やら、さまざまなライフイベントに奮闘しています。色々波乱はあるものの、二人のほっこりした雰囲気には相変わらず癒されますよ。

 

名作コミックの続編たち

いかがでしたか? 懐かしい気持ちになった読者の方もいらっしゃるかと思います。
ぜひ「続編」を読んで、懐かしい気持ちになってみてはいかがでしょうか。

 

今回ご紹介した漫画

花のち晴れ〜花男 Next Season〜
神尾葉子(著)、集英社
⇒前作『花より男子

ママレード・ボーイ little
吉住渉(著)、集英社
⇒前作『ママレード・ボーイ

クローバー trefle
稚野鳥子(著)、集英社
⇒前作『クローバー

グッドモーニング・キス
高須賀由枝(著)、集英社
⇒前作『グッドモーニング・コール

続編or外伝が描かれた少年漫画・青年漫画

 

あの作品にも、実は続編があった!? 本編では語られなかった外伝エピソードも!

 

ライター

飯田 萌
フリーランスのライター。一児のママ。出産前まではリクルートで結婚情報誌を担当。現在はWeb媒体にて書籍、音楽、育児など幅広く執筆中。影響を受けた作家は白石一文。趣味はスイーツを愉しむこととドラマ鑑賞。