ブックオフオンラインコラム

ブックオフオンライントップへ

ブックオフオンラインコラム > 本に出会う > コミック(テーマ別) > おすすめ大人女子漫画|仕事や恋愛、結婚…オトナ女子あるあるに共感!

おすすめ大人女子漫画|仕事や恋愛、結婚…オトナ女子あるあるに共感!


更新日:2019/2/11

仕事、友情、遊びに夢中で、気がつけばあっという間に「アラサー女子」。

恋愛や結婚だけが女の幸せじゃないとはわかっているのに、アラサーになると何だか焦ってしまうこの気持ちは、少数派が苦手な日本人特有の呪縛なのかもしれませんね(笑)

ここでは、そんな「オトナ女子」が主役の共感できるコミックをご紹介しています。

 

『ハッピー・マニア』

『ハッピー・マニア』表紙

ハッピー・マニア
安野モヨコ(著)、祥伝社

重田加代子ことシゲカヨは、自分にだけ恋人ができないことに悩んでいる。

理想の彼氏を求めてイイ男に猛然とアタックするシゲカヨと、その親友・福永ヒロミ(通称:フクちゃん)。果たして2人の「しあわせさがし」の行方は?

 

あなたの近くにも、こんなスーパー肉食女子いませんか?

オトナ女子漫画には欠かせない、安野モヨコさんの代表作。

素敵な男性との恋愛を夢見て恋に一直線! だけど超面食いなシゲカヨは、いつもどこかで失敗してしまい失恋してしまいます……。

フラれても遊ばれてもめげずに攻めまくるシゲカヨは、もはやイタい! それでも痛快で思わず笑ってしまうのは安野モヨコさんマジックでしょう。常にパワフルなその姿は、少し羨ましく感じます。

シゲカヨのようにガツガツした女性、みなさんのまわりにも1人はいるのではないでしょうか?

シゲカヨの親友フクちゃんや、そんな暴走シゲカヨに惚れてしまった純情男・タカハシもいい味をだしています!

 

『きょうは会社休みます。』

『きょうは会社休みます。』表紙

きょうは会社休みます。
藤村真理(著)、集英社

生まれてから一度も恋人ができたことができず、処女のまま33歳を迎えたOLの花笑。ところがなんと誕生日の夜、会社のアルバイト・田之倉と一夜を共にして……!?

アラサー女子が体験する、年下男子との初めての恋愛体験。

 

こんな展開あるわけないと思いつつ、ちょっと期待しちゃう……!?

綾瀬はるかさん主演のドラマが思い浮かぶ方も多いでしょう。
福士蒼汰さんが演じた花笑の恋人・田之倉くんは漫画だけでなく、ドラマでもとてもカッコよかったです……!

「こんな展開ありえない!」と思いつつも、トキめいてしまう女子が多いのは、こんな夢のような出来事をほんのちょっとでも期待したくなるからかもしれませんね。
最近は草食男子が多いので、こんな年下男子いるのかなぁ~(ブツブツ)。

恋に奥手だった花笑が成長していく様子は必見です! そのほかの設定もドラマと違う部分が多いので、漫画でもぜひ胸キュンしてくださいね。

 

『ずっと独身でいるつもり?』

『ずっと独身でいるつもり?』表紙

ずっと独身でいるつもり?
おかざき真里(著)、祥伝社

36歳で独身のまみは、仕事は順調で、好きなものにも囲まれて幸せだった。ところがある日、親から独身であることを「かわいそう」だと言われてしまったまみは……。

 

「なんで独身?」の詮索は無用! 女性同士の価値観の違い。

雨宮まみさんのエッセイをコミカライズした作品。

「かわいそう」と言われたまみをはじめ、「独り」に不安を感じる由紀乃、「仕事」が大切なシミズの、独身女性3人が、人生のあり方について考えるオムニバス作品です。

女性の社会進出に伴って進む「晩婚化」の現代にマッチしたテーマで、そのリアルな描写には共感するところやそれとは反対に思うところもあり、考えさせられます。

既婚女性の「なんで結婚しないの?」という言葉に何と返せばいいのか……と、価値観の違いを感じる独身女性も少なくないはず。
作品の内容は独身であることに対して否定的なものではなく、そんな女性たちを応援してくれます。

独身女性はもちろんのこと、さまざまな世代にも読んでもらいたい作品です。

原作エッセイ『ずっと独身でいるつもり?』はこちら

 

『うどんの女』

『うどんの女』表紙

うどんの女
えすとえむ(著)、祥伝社

ちょっぴり自意識過剰な35歳バツイチの村田チカと、草食男子な21歳の美大生・木野。村田の職場であり、木野の通う学校にある学食で毎日顔を合わせているうちに2人は……。

 

ほとんどが「妄想」? 35歳バツイチ×21歳美大生の純情。

まるでうどんのウエディングドレスをまとったかのようなインパクトある表紙が気になる1冊。
みなさんも電車やコンビニなどで、名前は知らないけれど毎日のように顔を合わせる人っていませんか?

『うどんの女』は、離婚して出戻った村田さんが働く学食のうどんコーナーに、美大生の木野くんが毎日うどんを買いにくるところから始まります。

その木野くんの行動に、ちょっと自意識過剰な村田さんは「毎日うどんを注文するのは私に会うため?」などと妄想するのです。
実は木野くんも「頼んでいないのにおまけをしてくれるのは気があるから?」と妄想しているのですが、お互いなかなか行動に移すことができません。

なんだかシュールなのにサクサク読める、おもしろアラサー恋愛漫画。2人のとめどない妄想に、思わずクスリと笑ってしまうでしょう。
とりあえず、読んだ後はうどんが食べたくなります……!

 

『チョコレート・コンフュージョン』

『チョコレートコンフュージョン』表紙

チョコレート・コンフュージョン
三池ろむこ(著)、星奏なつめ(原作)
KADOKAWA

バレンタインデーなのに残業だった千紗は、お気に入りの靴のヒールが折れて悲しみに暮れていた。
そんな千紗にガラスの靴……ではなく携帯用スリッパを手渡してくれたのは、超コワモテサラリーマンの龍生! 千紗はお礼のつもりで龍生にチョコレートを渡すのだが……!?

 

勘違いから始まった交換のノートと恋の行方は?

星奏なつめさんの原作小説がコミカライズされた作品。仕事に対してひたむきに頑張るOLの千紗と、顔が怖いと恐れられている龍生の激甘ラブコメディです。

千紗のチョコレートに勘違いした龍生は、次の日交際を申し込みます。そして「断ったら殺されるかも」と思った千紗は断ることが出来ずに付き合うことになるのです。
ところが、恐ろしい見た目とは裏腹に純情な龍生と過ごすようになって徐々に惹かれるように……。

20代後半を過ぎた女性ならきっと共感してしまうと同時に、まるで少女漫画のような展開に胸キュンさせられること間違いなしです!

「仕事を頑張りすぎて、なんだか疲れた……」そんなオトナ女子におすすめの作品ですよ。

原作小説『チョコレート・コンフュージョン』はこちら

 

オトナになったからこそ自分らしく!

気になったタイトルはありましたでしょうか?
20代もあっという間でしたが、30代は毎日が光の速さのごとく過ぎ去っていきそうです……。

30代もアクティブに過ごせるように、「夢」「恋愛」「仕事」「友情」「遊び」などに全力に立ち向かっていくオトナ女子たちからパワーをもらってみるのもいいですよ♪