ブックオフオンラインコラム
ブックオフオンライントップへ
ブックオフオンラインコラム > 本に出会う > コミック(テーマ別) > 「ヤンキー漫画」をテーマにトーク!『トリガーナイト』第2夜

「ヤンキー漫画」をテーマにトーク!『トリガーナイト』第2夜


catch

――2015年9月24日、雨降りの夜のこと――。東京渋谷のマンガサロン『トリガー』にて、ブックオフオンラインプレゼンツ『トリガーナイト』第2夜の幕が切って落とされた!

…と、物々しく始めてみました。こんにちは。「似顔絵がなぜか武士」ことサカモトです。

8月に開催した第1回『トリガーナイト』から1ヶ月。早くも2回目が開催されました。今回はジャンルを絞って「ヤンキー漫画」のマンガトークです!

 

『トリガーナイト』とは?

さて、「ご存知」的に始めてしまいましたが、この『トリガーナイト』、まだご存じない方も多いかと思いますので、簡単にご紹介いたしましょう。

『トリガーナイト』は、東京渋谷にあるマンガサロン『トリガー』で開催されているイベントです。毎回「マンガ大好き!」な芸人さんをお招きして、漫画トークで盛り上がっています。

会場では本当に「1メートル」の距離感で芸人さんのトークを聞けるほか、イベント終了後には、芸人さん参加の懇親会も実施。直接交流もできてしまうので、ファンは必見の内容となっています。

20
第1回は、上の写真のとおり、アムロのものまねでおなじみ若井おさむさん、ドラゴンボール芸人の天津向さん、「サラリーマン山崎シゲル」の作者・田中光さんをお迎えして、ほぼ漫画の話題オンリーでアツく盛り上がりました。

tachibana
そして、第2回の今回は「ヤンキー漫画」がテーマのため、「ゲストにも元ヤン必須でしょ!」ということで、お笑いコンビ・エリートヤンキーの橘さんが初登場!さらに前回に続き、天津向さんをお招きして「ヤンキー漫画」をテーマにトークしていただいたというわけでございます。

イベント冒頭は自己紹介を兼ねて、橘さんのかつてのやんちゃぶり&天津向さんのかつてのカツアゲされっぷりをご披露いただき、いよいよ本格的にヤンキー漫画トークへ。

今日はイベントで繰り広げられたトークネタをいくつかご紹介します!

 

ヤンキー漫画あるある

軽いジャブとして、「仲間とのバイクトークは、名作「特攻の拓」に登場するキャラ名を使ってしていた(登場キャラがそれぞれバイクに乗っている)」という橘さんのマニアックトークの後、「そういえば」的にはじまったのが、この話題。「ヤンキー漫画あるある」。

「ヤンキー漫画といえばこういう設定!」ということで、いくつか「あるある」設定があげられました。

其之1:「主人公=童貞多いよね」説

ヤンキー漫画は高校生くらいの若者たちを描くことが多いこともあり、主人公が童貞なことが多いというわけです。基本的に女性への興味は大アリなんですが、「そっち」のほうに対しては純情キャラな場合も多く、「チャンスはあっても果たせない」というのがよくある設定のようです。

作品名としては、「カメレオン」や「湘南純愛組」などが挙げられていましたが、作中でも童貞ネタが頻発する露骨な作品もあり、確かに多そうですね^^;

其之2:「主人公が激強か激弱のどちらか」説

主人公が最初から無敵の強さで、少人数グループから仲間を増やしていったり、揉め事を解決していったりの「激強」タイプと、実はヤンキーじゃないのに、うっかりヤンキー界に入ってしまってひたすら誤解されるなどの「激弱」タイプがあるという説です。

「激強」の代表としてあがったのはやっぱり「クローズ」。他にも「BOY」「莫逆家族」「湘南純愛組」などがあがっていました。うーむ、たしかに”ほぼ無敵”な人が主人公ですね…。
一方の、「激弱」の方は「特攻の拓」「カメレオン」など。また、「エリートヤンキー三郎」や「エンジェル伝説」などは誤解属性の激弱タイプでしょうか。

 

4大ヤンキー漫画は?

ヤンキー漫画あるあるとして「ろくでなしBLUES」に登場した「四天王」などの話題もでていましたが、「ヤンキー漫画自体の四天王は?」という話題も。それぞれ思い思いの作品をあげていき、『トリガーナイト』流の「4大ヤンキー漫画」が選抜されました。

選ばれたのは
・「ろくでなしBLUES」!
・「特攻の拓」!
・「クローズ」!
・「湘南純愛組」!
の4作品。どれも人気作品なので、まだ読んでいないという方は要チェックです!

 

これからのヤンキー漫画はこうなる!

yanky

特攻の拓」「今日から俺は」「湘南純愛組」など、思ったより完結作品に関する話題が多かった今回。最後に現在連載中の作品とこれからのヤンキー漫画についての所感トークが。

ポイントは”リアルでもいわゆる「ヤンキー」が減っている”ということで、同様にヤンキー漫画も「学園」や主人公の住む街を舞台の中心に据えた、若者たちの青春時代的なものではなくなっていきそうだとのこと。

例えば、「セブン☆スター」などのストリート・ギャング系や、少し毛色は違いますが、「闇金ウシジマくん」のような犯罪が絡むような作品が増えてくるのではと予想されていました。
完結済の過去作もその面白さは色あせていないので、過去作も楽しみつつ、新しい作品にも期待したいものです。

間近で芸人さんと話せる!懇親会にも参加できます!

と…今回も「もっと話したいね」という、いい意味で収拾つかない空気感のなか、イベントは終了。

イベント終了後は、芸人さんも参加する懇親会で盛り上がりました。この懇親会、もちろん芸人さんと直接話すこともできますし、ツーショット写真撮影やサインなんかも気軽にお願いできちゃいますので、登場する芸人さんのファンの方は必見です。

ブックオフオンラインでは、次回も芸人さんをお招きしてのイベントを企画中!詳細は決まり次第、『トリガー』のホームページで告知されますのでお見逃しなく。

芸人さんと至近距離で交流できる『トリガーナイト』に、ぜひ遊びに来てみてください!夜露死苦!

ライター

サカモト
サカモト
中学生の頃に歴史にハマった歴史好き30代。毎日のように本屋に行っては面白そうな本をあさってます。歴史関係のほか、漫画も好きです。