ブックオフオンラインコラム
ブックオフオンライントップへ
ブックオフオンラインコラム > 本に出会う > 文学小説 > 第17回 『I Love Youの訳し方』文豪や作家たちは“I Love You”をこう訳した【連載コラム】

第17回 『I Love Youの訳し方』文豪や作家たちは“I Love You”をこう訳した【連載コラム】


こんにちは、アオノです。

みなさん、今まで「愛してる」と誰かに言ったことはありますか?面と向かって言うのは、ちょっぴり照れくさいですよね。

夏目漱石は「I Love You」を「月が綺麗ですね」と訳し、二葉亭四迷は「死んでもいいわ」と訳した、という逸話があります。直球ではないけれど、確かに「愛してる」と伝わる、情緒のある素敵な言葉です。

今回ご紹介したいのは、望月竜馬さんの著書『I Love Youの訳し方』。

望月竜馬(著)、ジュリエット・スミス(絵)、雷鳥社

 

さまざまな文豪や現代作家たちが「I Love You」をどのように表現したのか、が紹介されています。

作品中の言葉や、送った手紙などから、愛のフレーズを抜き出した本書。その「I Love You」の数、なんと100通り!

100通りの愛の言葉が収録されている、ロマンチックな本なんです。

 

本書の特徴は、愛の言葉を紹介したあと、著者である望月竜馬さんが、各文ごとにコメントを寄せているところ。

同じ文章を読んでも、味わい方は人それぞれ。私のコメントに共感していただいてもいいですし、まったく別の読み方をしていただいても構いません。そのため、取り上げた文章の背景にある作品の解説は掲載しませんでした。(まえがきより)

今回は、わたしが本書の中から、ストーリーや内容は知らないけれど、個人的に心をわしづかみにされた「I Love You」をご紹介します!

作品の背景は、例にならって書きません。100通りもあるので、中にはびっくりするような過激な愛の言葉や、こんなラブレターもらっても……と困ってしまうような個性的な愛の言葉も登場しますよ。

また、『I Love Youの訳し方』では「I Love You」を5つの感情のジャンルに分けて紹介しています。

1.情熱的に。
2.感情的に。
3.個性的に。
4.狂気的に。
5.浪漫的に。

 

どんな感情のどんな「I Love You」が、あなたの心にグサッとくるでしょうか?

 

1.情熱的に。

話したいことよりも何よりもただ逢うために逢いたい

 

竹久夢二『竹久夢二、愛の言葉』(河出書房新社)より

 

わかる!って思わず口に出してしまいました!

好きな人には、ただ逢いたい。逢うだけでいい。本当にそうなんですよね。
「愛してる」と言われるよりは遠回しだけれど、想いがストレートに伝わってくる、情熱的な一言!いいなぁこれ、好きです。

 

2.感情的に。

すきになる ということは 心を ちぎってあげるのか だから こんなに 痛いのか

 

工藤直子『痛い』(あ・い・た・く・て/日本図書)より

失恋をしたとき、心が半分もっていかれちゃったみたいな哀しみを感じたことがないでしょうか。

これを読んで納得。そもそも誰かを好きになることって、そういうことなんだなぁと思いました。

だって一日中その人のことを考えてしまったせいで、上の空になったりするでしょう。心をちぎってあげて、少しでも好きになってもらえたら、幸せですよね。

 

3.個性的に。

二人きりでいつまでも話していたい気がします。そうしてKissしてもいいでしょう。いやならばよします。この頃ボクは文ちゃんがお菓子なら頭から食べてしまいたい位可愛い気がします

 

芥川龍之介『塚本文子へ宛てた手紙』より

 

食べてしまいたいほどかわいい!っていうのは、小さな赤ん坊とかに使う言葉かと思いきや!
芥川はラブレターにその想いをしたためたようです。

こんな強い愛を書いておきながら、いやならばよします、と一歩引いているところが好感が持てますね。でも、控えめと見せかけて、結構過激です。こんな個性的なラブレターもらったら、忘れられないでしょうね!

 

4.狂気的に。

先生、首をしめてもいいわ。うちに帰りたくない

 

川端康成『みずうみ』(新潮文庫)より

 

デートの途中で、帰りたくなくなっちゃった。

そんな気分だったのかなぁと想像してみる。でも、首をしめてもいいわ、は確かに狂気的。若さが溢れている愛の言葉に感じます。これも想像ですが、この一文でそんな景色が浮かんできました。

愛と狂気は紙一重なのかもなぁと思わずにはいられない、重くて狂おしい愛の言葉ですね。

 

5.浪漫的に。

私が生まれたのは、すでに二十四年生きたあとだった

 

ジャン・マレー『ジャン・マレーへの手紙』(東京創元社)より

 

恋をすると、世界がまるで違って見えて、生まれ変わったような気がする。なんてことをよくいいますが、きっとマレーもそんな気持ちだったに違いない!

究極のラブレターですね。ストレートな言葉も素敵だけど、こんなラブレターもらったら、たまらないですね。

ちなみに、マレーが受け取ったラブレターも本書に収録されています。こちらもまた、とびっきり素敵な愛の言葉が書かれているので、ぜひ読んでみてください!

 

100通りの「I Love You」を読む

小説からラブレターまで、さまざまな言葉で表現された「I Love You」が100通りも収録された本書。

文豪や、現代作家、著名人が書いた愛の言葉は、センスが光るものばかり。個性的すぎてマネはできないかもしませんが、どこかで愛の言葉を囁くとき、ふと思い出してみると参考になるかも……?

望月さんのロマンチックなコメントと、「愛」や「恋」についてのコラムも収録された素敵な一冊です。ぜひ手に取ってみてくださいね!

 

今回ご紹介した書籍

I Love You の訳し方

望月竜馬(著)、ジュリエット・スミス(絵)、雷鳥社

 

様々な文学作品をご紹介する連載コラム【文学の種】バックナンバーはコチラ↓