ブックオフオンラインコラム
ブックオフオンライントップへ
ブックオフオンラインコラム > 本に出会う > 文学小説 > 映画、漫画化もした有川浩著『植物図鑑』がおすすめ!

映画、漫画化もした有川浩著『植物図鑑』がおすすめ!


2017042-syokubutuzukan1

植物図鑑
有川浩(著)
幻冬舎
発売日:2013/01/11

 

 

あらすじ・内容

自宅マンション前に行き倒れていたイケメン男子を、つい拾ってしまったOLのさやか。
ひょんなことから同棲生活を送ることになるも、相手は下の名前しか教えてくれない。知っているのは「樹」という名前と、植物オタクで料理上手だということだけ。
謎めいたイケメン男子と平凡なOLの恋の行方は?

 

多数のメディア化も

有川浩さんは、自衛隊や架空の軍事組織など硬派な設定の中に、恋愛ストーリーを絡めるのが得意な作家です。
しかし本作「植物図鑑」には得意とする硬派な設定は一切なく、ひたすら甘くて切ない恋愛小説となっています。

第1回ブクログ大賞の小説部門では大賞を受賞。みんなの幻冬舎文庫(書店編)の1位も獲得するなど、読者からの人気が高い作品です。
堤翔さんによって漫画化されたり、2016年には三代目J Soul Brothersの岩田剛典さんと、女優の高畑充希さん主演で映画化もされました。

 

甘いだけのラブストーリーじゃない

20170426-syokubuthuzukan2

美少女が落ちてくる天空の城ラピュタの逆バージョンとして書かれたというこの小説。女性が夢見る、おとぎ話のようなラブストーリーが描かれています。
一方で、植物図鑑というタイトルの通り、様々な野草の説明や、野草を使ったレシピなどが載っているのもこの小説の面白いところ。

発売当初は、ベタ甘のラブストーリーに胸がキュンとするだけでなく、野草を取りに出かけたくなる本だと評判になりました。
実際読者の感想の中には、食べることのできる野草が身近にあったことへの驚きや、野草の味についての感想も多くあります。

季節の移ろいや野草と共に描かれる、2人の感情や関係の変化。
王道の恋愛小説としての面白さはもちろんのこと、野草への興味も駆り立ててくれる、他とは一線を画す興味深い小説です。

 

 今回紹介した書籍
植物図鑑
有川浩(著)、幻冬舎

⇒ もっと有川浩さんの作品を知りたい方はこちら