ブックオフオンラインコラム
ブックオフオンライントップへ
ブックオフオンラインコラム > エンタメ > エンタメ > 「ローグ・ワン」と繋がる!?スター・ウォーズのおすすめスピンオフ作品

「ローグ・ワン」と繋がる!?スター・ウォーズのおすすめスピンオフ作品


20161214-starwars-spinoff-1

ワールドプレミア上映では拍手が鳴りやまず、大絶賛で迎えられたと伝えられる映画スター・ウォーズ・シリーズ初のスピンオフ作品「ローグ・ワン STAR WARS STORY」がついに公開されます!
「初の」とあることに意外な印象を持つ方、かなりイイ線いってます。なぜなら、スター・ウォーズと言えば数々の「スピンオフ」や「サイドストーリー」などが小説、コミック、アニメ、ゲームほかさまざまな形で、“正史”と呼べる映画のスター・ウォーズ・サーガを補完し、奥行きを出しているからです。

ところがこれまでどれも劇場用実写映画化されたものはなく、それ故に“ローグ・ワン”は「初のスピンオフ映画」ということになるわけです。

今回はその“ローグ・ワン”を軸に、スター・ウォーズの世界を広げる作品群の楽しみ方を取り上げます!

 

スター・ウォーズを時系列に沿って楽しむには?

starwars-mirujyunban-koukai

時系列、つまり歴史に沿って…と言っても実はスター・ウォーズでは意外と難しいですよね。実写映画の公開順はこちらの通り。

・エピソード4,5,6(オリジナル・トリロジー)

・エピソード1,2,3(プリクエル・トリロジー)

・エピソード7(8,9)(シークエル・トリロジー)※8,9は予定

頭がこんがらがりそう…という気持ちはわかります。大抵のスピンオフ作品では、たとえば「ローグ・ワンはエピソード3の後、4の直前のストーリー」というような解説を調べることになります。でも安心です。この記事の最後に紹介するスター・ウォーズ特集記事では数あるSW作品群の中から物語時系列順に並べて選ぶことができますのでオススメです!

 

「ローグ・ワン」に繋がる!?要チェック スピンオフ作品

20161214-starwars-spinoff-2

それでは、物語時系列に沿って”ローグ・ワン”の時代に近いと思われる作品をピックアップしてみます!


♦【書籍】 スター・ウォーズ 反乱の夜明け(ハン・ソロ3部作)

ミレニアム・ファルコンを手に入れたハン・ソロ、テンションMAX、怖いものなし!宇宙を駆けめぐり、次々と冒険を繰り広げます。ハン・ソロ3部作完結編。そのままエピソード4へと一直線!ということは、”ローグ・ワン”との関連性も期待できるかもしれません!ハン・ソロ登場もある?!


♦【書籍】 スター・ウォーズ フォースアンリーシュド ダース・ヴェイダーの弟子

ダース・ヴェイダー、弟子を育てる!ヴェイダーは自身の弟子としてスターキラーと呼ばれる青年をつかい、銀河支配の野望を遂げようとひっそりとしかし着々と事を進めていきます。しかし、スターキラーの心境にも変化が…。

帝国軍側のストーリー展開でこれを知っていると”ローグ・ワン”を多面的に捉えることができるかもしれません!


♦【書籍】 スター・ウォーズ デス・スター

惑星を一撃で抹消するスーパー・レーザー砲を搭載したバトル・ステーション、通称デス・スター。エピソード3からの18年、一体どのような建造プロセスが?そしてその間起きた事件の数々とは?

うーん、まさにこのデス・スターの設計図はこの混沌の中から持ち出されたのでしょうか?これも”ローグ・ワン”に繋がるストーリーと言って良いでしょう。


♦【DVD】スター・ウォーズ エピソード4 新たなる希望

ここからすべては始まった!映画スター・ウォーズの第一作目です。”ローグ・ワン”はこの冒頭のシーンに繋がる位置づけになると言われています。そこでレイア姫がR2-D2に託したデス・スターの設計図はいかにして手に入れることができたのかが新作で明らかに…。テンション上げるためにもぜひ復習しておきましょう!

 

「ローグ・ワン」の意味って何?関連性を探って深堀してみる!

「ローグ Rogue」とは、悪党、一匹狼の…などの意味があります。それをそのまま取れば「メンバーが一匹狼の集まり?」「シリーズと独立した別の一つと言う意味?」など考えられますね。特にスター・ウォーズ・フリークの間では、新作の製作が発表になると関連情報を様々なところから集めて「それ」がどんなものになるのか予想合戦が始まります。”ローグ・ワン”に関しても、タイトルが発表された後、様々な憶測を呼びました。また「ローグ」の名称を含むスター・ウォーズ関連過去作品が存在するので、それらがストーリーの中心ではないか?と、まことしやかにささやかれたのです。ここではそれを取り上げます。

こんなきっかけでも、触れたことのないスター・ウォーズ作品を体験してみるのも良いと思います!


♦【書籍】スター・ウォーズ ローグ・プラネット

エピソード1から3年後、オビ=ワンのもとでパダワンとして修行に励むアナキンは12歳。彼の初仕事、その奮闘劇が描かれます。早くもアナキンがダークサイドへ?エピソード1から2への橋渡しとなる作品です。タイトルの“ローグ・プラネット”とは“知性を持っている惑星ゾナマ・セコート”のこと。

これは描かれた時代が「ダース・ヴェイダー以前のアナキン」であるため、ヴェイダーが登場すると言われる”ローグ・ワン”とは時代が違い、関連性は低いかも?とは言え、アナキンの修業時代の活躍は気になりますよね~。


♦【書籍】 スター・ウォーズ 新生ローグ中隊(上・下)

ローグ中隊とはかつてルーク・スカイウォーカーが指揮を執っていた戦闘機部隊。反乱軍のなかでも一際秀でた組織でした。しかし、帝国との激しい戦いによって、多くの勇士たちを亡くしてしまいました。その後、エピソード4の「ヤヴィンの戦い」でもルークとともに活躍したウェッジがリーダーとして「新生ローグ中隊」を率いるようになります。粗削りなエリート集団を訓練し、一線級のパイロットに育て上げていく過程と兵士間の葛藤や友情を織り交ぜた内容。空中戦の描写など、エピソード4のクライマックスさながらに刺激的です。

この作品も”ローグ・ワン”の時代より後のストーリーですので直接的な繋がりはなさそうです。ただ、この隊の名称が「ローグ」と名付けられているのは、”ローグ・ワン”での出来事と関連性があるかも…と考えれば読む価値アリ、ではないでしょうか?

 

スター・ウォーズが影響を受けた(?)映画を体験してみる!

20161214-starwars-spinoff-4

スター・ウォーズシリーズは過去の名画と呼ばれる映画からの引用、構成フォーマットの借用などが見られ、監督自身もそれに言及することがあります。1作目のエピソード4では『隠し砦の三悪人』(黒澤明監督)、エピソード1では『ベン・ハー』(ウィリアム・ワイラー監督)などが有名なところ。新作”ローグ・ワン”の先行映像においても、日本の名画の影響が垣間見えるように思えます。こうして影響を受けたであろう映画を想像してみるのも面白いと思います!


♦【DVD】七人の侍

出所の知れない個性的なならず者?たちが一つのミッションの下に結集して戦いに挑む…。すでに何度も使い古されたフォーマットに思えますが、その中でも多かれ少なかれ影響を及ぼし続けているのが黒澤明監督のこの作品です。粗暴で勇敢な主人公はもちろん、頭が切れ統率力に長ける者、無口で不器用だが大仕事を飄々とやってのけ、それでいてそれを誇示することはない者…。キャラクターのバランス感も参考にされている傑作です。


♦【DVD】座頭市

“ローグ・ワン”の登場人物として明らかになっている盲目の戦士・チアルート・イムウェの戦い方、佇まいは(本人は否定しようとも)座頭市そのものでしょう。フォースはまさに視覚を必要としない力であるはず…つまりは彼が信じるその力は視覚よりも重要でしょう。実際に映画の中でそれが叶うのか、はたまたルークやオビ=ワンとの関連はあるのか…。そんなことを考えながら、座頭市を観て想像を膨らませるのも良いかもしれません!

 

スター・ウォーズ・サーガは奥が深いからこそ、掘り起こし方はあなた次第!

これはまだ序の口ですよ!シリーズ作品のみならず、様々なメディア/媒体で展開されるスピンオフ作品群は奥が深いですよね。”ローグ・ワン”を観ること、知ることでスピンオフ作品に面白さを感じたら、是非SW関連作品の世界へどうぞ!

ブックオフオンラインでは、映画のみならず、書籍・コミック・ゲーム・CDまで、関連作品を網羅した特集ページを用意しています。こちらではカテゴリやジャンルごとに絞り込んだり、劇場公開順、物語時系列順に表示したりでき、みなさまの「SW作品掘り起こし」をお手伝いします!

ライター

サカモト
サカモト
中学生の頃に歴史にハマった歴史好き30代。毎日のように本屋に行っては面白そうな本をあさってます。歴史関係のほか、漫画も好きです。