ブックオフオンラインコラム
ブックオフオンライントップへ
ブックオフオンラインコラム > 本を楽しむ > 本の豆知識・雑学 > どう使い分ける?新品・古本、選択の決め手は?

どう使い分ける?新品・古本、選択の決め手は?


syotenこんにちは、「毎日書店に寄る男」ことサカモトです。

本は、小説、漫画、専門書に写真集などなど毎日発売されているので、「今日はどんな本が出ているのかな」と、書店に行かずにはいられません。買う量もそれなりにドッサリ。「本で床は抜けるのか」という本のタイトルどおりのことになるのではと、階下の住人の方のことが大変気になっていることは言うまでもありません。。

こんな私のような生粋の本好きの悩みの1つが、ズバリ「予算が足りない!」ということではないでしょうか?

欲しいんだけどお金がない…。ならば、ここは買う前にもう少し厳選するしかございません。古本なら安く手に入りますが、欲しい本の在庫が必ずあるとは限らないですし、すぐに欲しい場合は新品の方が買いやすい場合も多いですよね。古本と新品は、うまく使い分けたいものです。

それでは、果たして私以外の本好きの皆様は古本と新品をどうやって使い分けているのか!?

アンケートをとってみました。

新品のポイントは保存したい本!古本のポイントは?

ズバリ、新品購入する本としては、「保存する本」という趣旨の回答が目立ちました。

・古本で買う本は、読んだらすぐ捨てます。新品で買う本はその時点ではキープしたい本(30代/男性/会社員)
・一時だけ必要な本は必要なくなると捨ててしまうので、古本でもいいが、ずっととっておくような本は新品で買うようにしている(40代/女性/専業主婦)
・新書やまだ出たばかりの本は新品で買い、少し古くなっている本は中古でも出回っていることが多いので、古本で買うように線引きをしています(30代/男性/会社員)
・とても欲しい本は新品、少し興味がある程度の本であれば古本で買います(30代/女性/パートアルバイト)
・小説など一度だけしか読まないような本は古本、参考書などしっかり読み込むものは新品(30代/女性/会社員)
・現在新版で出てないものを古本で購入します。現在本屋さんにあるものは、そのまま新品で買います(60代/男性/会社員)

やはり、長く手元に置いておきたい専門書や、好きな作家の作品などは「保存しておきたい」ということで、新品で手に入れることが多いようです。

一方、古本で手に入れる本は、新品の裏返しで、「読んですぐに捨てる(売る)本」という趣旨の回答が22%ありました。どんな本かという点で、具体的には「一度読んで済む・興味が薄い本」という趣旨のコメントが多くあがっています。

つまり、「保存する・しない」、または「興味の深い・浅い」で、古本と新品どちらにするかを選択する人が多いようですね。

ちなみに、新品を選ぶ理由として、「最新(情報)の本が手に入りやすい」という趣旨のコメントも12%程度あり、新品を買う場合には新品ならではの価値を求めているケースも多いことが分かります。一方、古本の方にも「古い(書店におかなくなった)本・絶版本が買える」という趣旨のコメントが24%もあり、古本にも古本ならではの価値が意識されていることがわかります。

「安さ」が決め手になるケースは少ないようで、新品と古本それぞれの特性に合わせて購入しているという結果でした。

古本はネットで検索が賢い選択!

いかがだったでしょうか。

今回のアンケートでは、他にも、「汚れても良いかどうか」や「シリーズ本なら新品」など、一口に「本を集める」と言っても、人によってはこだわりの趣向が反映されることもあるようです。

また、「古本屋は探す手間がかかり、時間が無駄」というコメントもありました。たしかに、在庫が見つかるまで何軒も古本屋さんをまわるのは、時間をとるのが難しい方には大変ですよね。こんな時はブックオフオンラインなど、古本を扱っているネットショップでの検索もお試しを。目当ての本のタイトルで検索すれば、在庫の有無や価格がすぐにわかるので、忙しい方にもオススメです!

■調査地域:全国
■調査対象:年齢不問・男女
■調査期間:2015年05月19日~2015年06月02日
■有効回答数:100サンプル

ライター

サカモト
サカモト
中学生の頃に歴史にハマった歴史好き30代。毎日のように本屋に行っては面白そうな本をあさってます。歴史関係のほか、漫画も好きです。